プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

声を上げ続けよう

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
安倍や石破に恫喝され、圧力を掛けられっ放しで黙っていられるか!!

逮捕、監禁されない限り、死なない限り訴え続ける。





国際的な場で、「完全にブロックされ、コントロール下にある」と言ったのはどこのどいつだ?
まさか、日本の総理大臣じゃないだろうね!?





~第50回小出裕章ジャーナル~
福島第一原発事故の子どもたちへの影響について「成長途上にある子どもというのは、一­番放射線に敏感です」






朝日新聞、毎日新聞、赤旗より

【引用】
(どうする?秘密法)国益反しても伝える 広河隆一さん
2013年12月16日22時05分  朝日新聞

 ■ジャーナリスト・広河隆一さん

 東日本大震災の2日後、東京電力福島第一原発から3キロの双葉町に入りました。
とたんに手元の放射能測定器が振り切れました。
チェルノブイリ事故後、50回を超える取材でもなかったことでした。

 私は、ペットのえさやりや通帳を取りに帰宅しようとする住民に測定器の数値を知らせ町への立ち入りをやめるよう伝えて回りました。
しかし、政府は「ただちに健康に影響はない」と繰り返すばかり。政府も東京電力も原発事故のデータを隠しました。

 取材経験で身をもって知ったのは「加害者は被害を隠す」ということです。
情報がないということは、フロントガラスが泥だらけの車に乗せられ、耳元で「安全は保障するから、心配せずにアクセルを踏みなさい」と言われているようなものです。
その道は戦争につながっているのかもしれないし、公害が隠されているのかもしれない。
薬害エイズの時もそうでした。

 公務員の守秘義務を定めた法律はすでにあります。
にもかかわらず、新たな法律を作る納得いく説明はありません。
この法律は「知る権利」を著しく狭める、非常に恐ろしい計画だと感じています。

 政府にとって都合が悪くても、人々の「生きる権利」や、それを支える「知る権利」に資するのであれば、秘密を暴き、伝えるのが私たちジャーナリストの仕事です。
国益に反すると非難されても、時に抵抗してでも、真実を知らせていくつもりです。

広河隆一さん=東京都世田谷区のデイズジャパン
 





人工的な建造物は、いかに強化しようとも、自然災害に打ち克てるわけがない。崩壊した後の危険性もまた、原発に勝るものはないのだけど、、、、。







【引用】 
原発リスク:巨大噴火の影響大…泊、川内など 学者が指摘
毎日新聞 2013年12月22日 22時34分(最終更新 12月23日 00時32分)

 国内17カ所の原発に対する火山の危険性について、毎日新聞は全国の火山学者を対象にアンケートを実施した。回答した50人のうち、巨大噴火の被害を受けるリスクがある原発として川内(せんだい)(鹿児島県)を挙げた人が29人と最多で、泊(北海道)も半数の25人に達した。
原発の火山リスクについて火山学界の見解が定量的に示されたのは初めて。
リスクを指摘された原発の再稼働に慎重意見もあり、原子力規制委員会の審査や再稼働の議論に影響する可能性がある。

 特任などを除く全国134人の大学教授、准教授らに郵送で実施した。

 最長60年の稼働期間中に巨大噴火が発生し、火砕流の被害を受けるリスクがある原発を複数回答で選んでもらったところ、29人がいずれかの原発を選択した。
その全員が「阿蘇(熊本県)や姶良(あいら)(鹿児島県)など多くのカルデラが周囲にある」として川内のリスクを指摘した。
カルデラは巨大噴火の後に形成される非常に大規模な陥没(盆地)地形で、同様に泊、東通(青森県)、玄海(佐賀県)も周辺にカルデラが存在することが懸念された。

 他は伊方(愛媛県)11人▽女川(宮城県)9人▽島根(島根県)や東海第2(茨城県)など7人の順で、カルデラとの距離が遠くなるほどリスクの指摘は減っている。
どの原発にもリスクがないと答えたのは9人、無回答は12人だった。

 「リスクがある」と答えた人に、それぞれの原発について再稼働の是非を尋ねたところ「再稼働させるべきでない」は川内が19人と最多で、泊15人▽東通11人▽玄海9人▽伊方5人だった。
「火砕流が到達した場合は運転員の生存が見込めない」(林信太郎・秋田大教授)などとしている。

 しかし、「リスクがある」と答えた人でも、巨大噴火の発生する確率は「非常に低い」との指摘が少数あった。
一方、カルデラを形成するような巨大噴火が迫っていることを事前に正しく評価できるとしたのは50人中5人にとどまるなど、現在の科学で巨大噴火がいつ起こるのかを評価するのは難しいといえる。

 原発の新規制基準は、原発の半径160キロ圏にある火山を対象に、最長60年の原発稼働期間中に巨大噴火が発生する可能性の有無を調べるよう電力各社に求めている。
(1)巨大火砕流が原子炉を直撃する
(2)直撃しなくても周辺が壊滅し原発事故に対応できない−−などの場合は立地不適と判断され廃炉を迫られる。【山崎太郎】

 ◇巨大噴火

 火山の噴火規模は噴出物の量によって小規模噴火から超巨大噴火まで分類される。
日本では約6000〜1万年に1回、巨大噴火が起きている。
約9万年前の阿蘇の巨大噴火では高温・高速の火砕流が約180キロ先まで達し、北部から中部九州はほぼ壊滅。」一部は山口や愛媛にも達した。
直近では7300年前に現在の鹿児島県南部で起きた。
富士山の宝永噴火(1707年)や有珠山噴火(2000年)はこれよりずっと小さな規模の噴火になる。

 ◇九州大の清水洋教授(火山物理学)の話

 次の巨大噴火を予測することは難しいが、科学的にリスクはゼロとは言えない。
リスクをどこまで許容するかだ。
原発稼働の可否はリスクの大きさと国益などを考慮して国民が判断する必要がある。
そのためには、それぞれの原発についてリスクを公正に評価し、それらの情報を公開する必要がある。


原発への噴火リスクと再稼働反対を指摘した火山学者の人数(数字は人)

噴火被害リスク



【引用】 
(どうする?秘密法)命より重い情報ない 三上智恵さん
2013年12月21日21時17分  朝日新聞

 ■琉球朝日放送キャスター・三上智恵さん

 多くの人は「国防上の秘密があるのは仕方ない」とか「スパイ容疑で罰せられるのは映画の世界」と思っているのではないでしょうか。
しかし、沖縄では機密を知っていたために死に追いやられた住民がたくさんいました。

 情報を漏らすものは極刑という軍機保護法があった沖縄戦でのことです。
住民は軍人と同じ屋根の下で暮らし、陣地の構築や奉仕にかり出されました。
軍の編成や動向など軍事機密に通じていました。
だから、敵が上陸し捕虜になって情報が漏れることを恐れた日本軍から「スパイか」と切りつけられ、自決に追い込まれた。
自分の身を守るため「あいつがスパイだ」と密告する人もいました。

 特定秘密保護法は軍機保護法の再来です。
いまも米軍や自衛隊と隣接して生活する沖縄の住民が、いつまた不都合な存在となり、処罰の対象にされるかと危惧しています。

 事故の多いオスプレイが使う着陸帯の建設に反対する東村(ひがしそん)高江の住民たちが主人公のドキュメンタリー映画「標的の村」を制作しました。
家の近くに何がどのくらい飛来するのか、命を守るために知ろうとするのは当然です。
しかし、「秘密を保有する者の管理を害する行為」とされて監視対象になりかねません。

 軍事機密の漏洩(ろうえい)を厳罰化した先にもたらされた悲劇を知るこの島から、法の危うさを何度でも訴えていきたい。
人の命よりも先に守るべき情報などあるはずはありません。

三上智恵さん


【引用】 
これは酷い。

復興予算 自民に還流
2億円献金 違法の疑い(12/19赤旗)

国内立地推進事業費補助金の約3000億円が交付先が被災地外で94%。8割が大企業へバラマキ。

トヨタは愛知県内の工場でエコカー生産で補助金を申請。交付金申請がおり、5140万円を自民党に献金しました。

大切な復興予算を政治家と大企業が山分けしてるかの構造です。CMでは絆、復興、助け合いとうたいながら、裏で政治家と大企業が癒着して企業利益の為に、国の政策を決めていくコーポラティズムが蔓延してることを国民は忘れてはいけない。

復興予算還元









■2013年12月20日【金】 粛清と防空識別権~脅威を放つ東アジア情勢

北朝鮮での張成沢氏をはじめとする一派の処刑は身が凍るような出来事です。
伝えられている処刑の惨さも尋常ではありません。
この粛清、北朝鮮で一体何が起こっているのでしょうか?
こうした行為に走っている金正恩第一書記はどのような行動に出るのでしょうか?

また、驚いたのは、中国の防空識別圏です。
尖閣諸島上空の日本の領空も含むもので、乱暴なやり方です。
習近平指導部は何をしてくるのでしょうか?

そして、こうした東アジアの脅威の中で、
安倍政権の方向性はどう捉えられているのでしょうか?

北朝鮮情勢に詳しい大阪市立大学大学院教授の朴一さんと
中国情勢に詳しい評論家の石平さんにスタジオに来てもらって
世界が動向を伺う東アジアの脅威について詳しく話しを聞きます。















ふざけるな! 安倍政権 「復興予算」を「原発輸出」に流用
http://gendai.net/articles/view/news/146811
【引用】 
「ゼロとはいかない」。
安倍首相が20日のTBS番組で、小泉元首相が訴える「原発即ゼロ」に改めて反論した。
 安倍は「安くて安定的な電力を供給しなければ……」とシタリ顔で話していたが、もはや原発の発電コストが他のエネルギーと比べて「安い」と騙(だま)されている国民は皆無に近いだろう。
福島原発を見ても、一度事故が起きれば廃炉や除染、住民避難……で莫大なカネがかかる。

 原発再稼働に突き進む安倍政権は24日に決定する来年度予算案で、総額3兆円の「復興特別会計」を計上する見通し。
復興予算といえば、被災地復興と全く関係のない事業にカネがバンバン使われていたことが判明している。
なんと、「原発輸出」にまで流用していたことが分かった。

「ベトナムと原子力協定を締結した日本側は09~11年度にかけて、ベトナム現地の調査費用として約25億円を日本原電に支出しています。驚くことに、この中で5億円が復興予算から支出されていたのです。ベトナムに原発をつくることがなぜ、被災地の復興になるのか全く分からないし、よりによって原発輸出のために使うなんて、被災者をバカにしているとしか思えません。国側は『原発の輸出で被災地の原発機器メーカーが潤う』と説明していたが、あまりにデタラメ過ぎますよ」(経済ジャーナリスト)

 政府が年内にもまとめる中長期的なエネルギー政策では、原発が「重要なベース電源」に位置づけられるという。
大半の国民が原発に反対しているにもかかわらず、押し切るつもりだ。
復興予算がまた原発関連事業に流用されるのも時間の問題だ。


#Fukushima 4号機倒壊したら日本分断!(字幕)End Of #Japan If #NUKE




Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
報道するラジオ「アベノミクスでどうなる来年?」
http://www.youtube.com/watch?v=JCDBY-VStzA&feature=em-uploademail
安倍政権誕生から1年が過ぎました。
リスナーの皆様の暮らしはよくなりましたでしょうか?
来年4月には消費税は8%に上がります。
安倍政権の強気な政策運営は、
アベノミクスがうまく行っているという自信の表れでもあります。

しかし、そのアベノミクスは信用できるのでしょうか?
来年の暮らしはどうなるのでしょうか?

経済の専門家2人から話を聞きます。
金融や経済の現場で深い取材を続けている経済ジャーナリストの町田徹さん、
生活に関わる視点から経済をみる経済ジャーナリストの荻原博子さんです。

















UFOと宇宙人は実在するのか?



元の公聴会のHP
http://www.citizenhearing.org/

※参考文献
Extraterrestrials and the New Cosmology Steven M. Greer, M.D.
Copyright 1995


地球外生命体と新しい宇宙観 スティーブン・M・グリア、医師
著作権 1995 年

http://www4.ocn.ne.jp/~ds08pro/CSETIArticle.pdf#page=1
とても受け容れがたい人も大勢いると思いますが、これをどう捉えるかは、読む人の自由意思によるものです。


不思議・不可解な年が終わろうとしています
http://kunyon.com/shucho/131223.html
①悪法がスンナリ通ったわけ
②意図的に「敵」を作っている
③驚きの『通販生活』ですね!
④〈理想〉を語れるのはいい!
⑤クリスマスも、年末もねえよ
【抜粋】
「年の瀬」という感じがしない。
立ち止まって、この1年を振り返る、という余裕がない。
激動の日本、激動の世界だ。
そんな時、12月末で、〈流れ〉を断ち切って、整理し、この1年を考えるなんて意味があるのだろうか。とも思う。

北朝鮮では№2の張成沢さんが逮捕され、即、処刑された。怖い話だ。
こんな形で国内を引き締め、強い国家を示そうとしている。
これほど強硬ではないが、国内の不安、「外国の脅威」を理由に国内をまとめようとするのは、他の国も同じだ。
中国、韓国は日本を批判し、「反日」教育をし、日本の悪口を世界中に言いふらしている。という。

上原公子さん、三上元さん、村上達也さん 上原公子さん、三上元さん、村上達也さん

だから、日本は「倍返し」「10倍返し」をするんだ!とばかりの日本だ。
ヘイトスピーチ以上に酷い月刊誌、週刊誌、そして単行本だ。理性を失っている。
「中国、韓国はもう相手にするな!」「国交断絶しろ!」「戦争も辞さずの覚悟を!」…と絶叫している。
日本中がヘイトスピーチをやっている。
日本中が「黒い街宣車」になっている。
それを見て、「いいね」「いいね」と思う国民。
ただの絶叫を聞いて、「その通りだ」と思い、「満足」し、気分がすっきりする国民。
明らかに劣化しているのだ。
日本を取り巻く情勢が厳しいのは事実だ。

産経新聞(12月21日・土)の「産経抄」では言う。

河野太郎さんを囲んで
〈代替わりした中国と韓国のトップがいろいろとやってくれた一年でもあった。
中国の習近平国家主席が防空識別圏をつくれば、韓国の朴槿惠大統領は、安倍晋三首相と会おうともせず、行く先々で日本の悪口を言い募った〉
問題なのはこの次だ。
こう言う。

〈御両人とも「嫌日家」ぶりを遺憾なく発揮してくれたが、おかげで中国や韓国に幻想を抱いていた日本人をめざめさせてくれた。一昔前なら国会に提出できたかどうかも怪しい特定秘密保護法が、大した抵抗もなく成立したのも御両人と北朝鮮の3代目のおかげである〉

阿部知子さん、三上元さんと

ウーン、と唸りましたね。
「大した抵抗もなく」と言われちゃったよ。
あれだけ反対運動があったと私は思ったのに。
国会前では連日、デモがあったし、私も行った。
又、いろんな新聞でも反対の声は大きく出てた。
「朝日」では私も発言した。
テレビ、ネットでも反対意見は多かった。
それなのに、「大した抵抗もなく」成立した。
「こんなに反対デモに人が集まっているのに法案は通るんですよね」とデモに来た人たちは言っていた。
そうなんだ。
それは、中国、韓国、北朝鮮のリーダーの「おかげ」なのか。
じゃ、日本の保守派の政治家・マスコミは、この3人に感謝しなくてはならない。
何なら、3人を讃え、「国際栄誉賞」をあげたらいい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 










関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 政治
ジャンル: ニュース

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。