プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

文明、その成熟の果てにあるもの

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
進行の速度はいろいろあるものの、ある文明が成熟してくると、その次には爛熟があり、そして腐乱、やがては衰退するか滅亡するか?
立ち直る可能性はそのステータスによってはかなり難しくなる。

それは統治者の意識や国家の民の意識に大きく左右される。
しかし爛熟も盛りを過ぎてくると、ほとんど後戻りは効かなくなる。
ガンの進行に喩えても良いのかもしれない。

異常性格者が政治のトップに立つとその国はどうなるか?
それは過去の同型のパターンを見るとよく分かる。
世界の歴史の中には、大変多くの教訓が隠されているのだ。
要はそれをよく学んでいるかどうかだ。

例えば、海外では、誰もが知るヒトラー率いるナチス党とドイツがあり、国内を見れば、武田信玄の跡を継いだ武田勝頼が、宿老たちの「冷静になって国を守ることに専念すべき」という諫言に耳を貸さずに、勇猛に(むしろ無謀に)、強力な織田、徳川の軍の立ち向かって行って、甲斐の国と武田家を滅ぼしてしまった事実がある。

ドイツ人は、戦争犯罪性の正当性を問うこともなく、素直に自国の罪を認め、近隣に謝罪し、未来だけを見つめることによって、速やかに国際社会の信頼を得るに至った。

それに引き換え、ある国のトップは、ぐずぐずと過去にこだわり過去を引きずって、戦争裁判の誤りを言い募り、白紙に戻そうとしている。
人の反感を買うことの怖さを知らないのは、蛮勇に等しい愚かさだ。











アーサー・ビナードさんの日本国憲法のお話


安倍首相の気が知れない
【引用】 
安倍首相は靖国神社参拝にあたって次のような談話を出した。
「国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りしました」
この言葉に、本当に戦死者を悼む心がこめられているだろうか。英霊とたてまつられることで心が癒されるという遺族の方々には申し訳ないが、大いなる疑問を感じる。

「普通の国民」が、軍国主義的国家体制によって尊い命を犠牲にさせられた。それがあの戦争ではなかったのか。

英雄でも豪傑でもない、ごく普通の市民が、主として軍部の暴走とマスコミの扇動によって戦争に駆り立てられたのだ。

「靖国」という戦前ににつくられたストーリーがあるからこそ、この神社への政治家の参拝は単なる慰霊とは見なされないのだろう。

天照大神を祖神とする天皇が、天皇のために戦って亡くなった人々を神として靖国に祀る。つまり、天皇のために、お国のために、命をささげた者は、靖国で神になれるという伝説を、時の政府はつくりあげた。裏を返せば、戦意高揚、戦争協力の仕組みである。

たしかに、国家の犠牲になって亡くなった数知れぬ人々のために祈りをささげたいという心は尊いし、大切なことだ。だが、なぜその「心」の表現が戦没者を神として祀る、いわば新興宗教である「靖国」への参拝なのかが、いまひとつよくわからない。

戦後の改革の過程で、GHQは靖国神社を戦没者の追悼行事を行う公的な記念堂のようなものにしてはどうかと持ちかけたが、日本側は一般の神社と同じ民間の宗教法人として存続させることにより、独特の軍国主義的宗教ストーリーを残す道を選んだのである。

サンフランシスコ講和条約が結ばれたあと、靖国神社を公的な存在として復活させようという動きがはじまり、いまも続いている。

もちろん、国が国のために命を落とした人々を追悼するのは当たり前のことであるが、そこを公的な施設とするならば、神道的な色彩を拭い去る必要がある。

欧米、たとえばアメリカ、フランスなどでやっている追悼、慰霊の式典は、要するに墓参りのセレモニーだ。宗教色は限りなく薄い。

米国立のアーリントン墓地ではメモリアル・デーに大統領らが戦没者らをたたえる演説や「無名戦士の墓」への献花を行う。フランスでは、凱旋門の下の「無名戦士の墓」に大統領が第一次大戦の休戦記念日と第二次大戦の戦勝記念日に参拝して献花する。

当然のことながら、ただ一つの神を信じる「一神教」の国々に、戦没者が神になるという発想はありえない。

「無名戦士の墓」といえる場所は日本にもちゃんとある。千鳥ケ淵戦没者墓苑だ。戦時中、日本国外で命を落とした軍人、一般人の、身元が不明であったり引き取り手のない遺骨を安置するため、1959年につくられた。

そんな追悼施設があってもなお、「靖国」に特別な思いを持つ日本人が多い。靖国神社には当然のことながら、遺骨も位牌もない。戦没者の名前、階級、位階、勲等などを筆書きした「霊璽簿」があり、ご神体とされる鏡に「霊璽簿」を写して合祀祭を行うことで、「神霊」となる。

つまり、「霊璽簿」という紙に書かれた人々が靖国に祀られた神々である。神々には、幕末史を駆け抜けた名が連なり、日本男児の心を奮い立たせる。吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎…。

靖国神社の起源は、勤王の志士たちによる同志追悼の招魂祭である。薩長の官軍が江戸を制圧すると、官軍の戦死者を天皇の忠臣として崇め、敵対する集団を賊軍としてその死者を顧みないという、日本古来の御霊信仰とは異なる祈りのかたちをつくりだした。維新の立役者であっても西南戦争で政府軍と戦った西郷隆盛は祀られていない。

それでも、明治維新のヒーローや、故国のために命を捧げた戦士たちが臨在するかのようなロマンチシズムに誘われてその境内を訪れる人も多いだろう。

ただし、「靖国で会おう」といったたぐいの、兵士たちの常套句は昭和になって使われはじめたようであり、皇国史観が広まり戦時体制が強化される過程で靖国伝説というべきものがつくられていったと想像できる。

英雄、英傑たちとともに神になれると信じて戦場に散った若者の心を想うと、痛ましいかぎりだ。

靖国神社という存在を全否定するつもりはない。死者を神とすることについても、それこそ日本の伝統といえる。菅原道真を祭神とする天満宮、楠木正成を祀る湊川神社などが知られている。その国に、戦没者を鎮魂する宗教があっても何ら不思議はないかもしれない。

しかも、政教分離の原則、A級戦犯の合祀をもって、宗教施設である靖国神社への首相や閣僚の参拝に反対するのは、国内で持ち上がった運動であり、もともと中国や韓国のアイデアではなかった。

1985年、中曽根首相の参拝に関し、A級戦犯合祀を問題とするよう中国側をけしかけて批判コメントをとった朝日新聞記者の記事が、その後の論争に火をつけ、今につながっている。外交トラブルの多くはメディアがつくり出すものである。

そういう意味で、靖国問題は、メディアを使った外交上の駆け引きという面もある。

それでも今、中韓との仲をさらに悪くしてまで、靖国神社に足を運ぶ安倍晋三の気が知れない。米政府でさえ、今回の参拝に関し「失望している」と異例の声明を出したというではないか。

今年の夏ごろだったか、小沢一郎がジャーナリスト、岩上安身のインタビューを受け、安倍の外交防衛策に関してこう語ったことがある。
「核武装による軍事独立国家が安倍さんらの頭の中にあるのではないかと思う。これはアメリカがもっとも嫌う日本の政治だ。私は日米関係が危うくなっていると心配している」

「安倍政権でアメリカの都合のいい日本にできると思っていたが、そうではないことに米国の知日派も気づき始めている。安倍政権は中国、韓国と話ができず、米国からも冷遇され、孤立しつつある」
米政府の今回の異例の声明は小沢の懸念が形になったものといえるだろう。

安倍政権の時代錯誤的な姿勢に、欧米メディアの批判も目立っている。
以下に掲げたニューヨークタイムズの4月24日付社説、「無用な日本の国家主義」などは正鵠を射ているのではないか。
「歴史的な傷を悪化させるのではなく、長く停滞している経済の改善と、アジアと世界での指導的民主国家としての役割強化に重点を置いて、日本の将来を構想することに、安倍氏は集中すべきである」

勇猛果敢を演出し自己陶酔する安倍首相の姿は、何かに憑かれた人のようである。彼の見ている幻想の世界に巻き込まれないようにしたい。

新 恭  (ツイッターアカウント:aratakyo)





「津波→メルトダウン説」覆す重大研究
地震で炉心損傷が始まった

http://www.jimmin.com/htmldoc/150101.htm
【抜粋】
12月2日、伊方原発(愛媛県)に隣接する八幡浜市で、元東電社員・木村俊雄さんの講演会が行われた(主催・南予住民交流会)。
木村俊雄さんは、東電社員時代、原子炉の設計と制御に関わる部署で働いていた経験と知識をもとに、過渡期現象記録装置データを解析。
福島原発事故は、津波ではなく、地震動によって炉心損傷が起こり、メルトダウンに至った可能性が高いことを立証しようとしている。

要旨は、①地震発生1分30秒前後から、炉心冷却の安全機能が失われた。②その原因は、原子炉圧力容器に接続されている配管の破損である。③配管破損により、原子炉冷却材が漏えいし、本来あるべき炉心内の自然循環の流れを止め、さらに炉心内(シュラウド)冷却材の流れを逆方向に変えた。
自然循環冷却停止は、事故を重大化させ、事故進展のスピードを加速させた要因といえる、というものだ。
さらに、④東電報告書では、原子炉水位が燃料頂部に到達するのは、地震発生から約3時間後(17時30分過ぎ)、炉心損傷による原子炉格納容器からの気相漏えいが発生するのは、その後という見解となっている。
しかし、同じ東電報告書では、津波来襲後の17時19分、「現場確認のために原子炉建屋に入ろうとした運転員は、既に線量が高く退きかえした」と記述されている。
東電が推定した時刻よりも早くメルトダウンが起きていたことを示す記述だ。
木村さんは、2つの事実は明らかに矛盾しており、津波を原因とする説明は破綻している、とも指摘している。(文責・編集部)

隠されていた「装置データ」
私は、今年4月に調査を開始。東電事故調査委員会の報告書800㌻、その他のデータ約2000㌻、事故時の操作手順書5000㌻の全てに目を通し、解析を行いました。
この過程で7月10日に、東電に対し公開質問状を提出。
8月に奇跡的に公開された「過渡期現象記録装置データ」から、福島第1原発1号機に関する地震動による炉心損傷のプロセスを解析しました。
その結論と過程を説明します。
炉心には、冷却材(水)を強制的に送り込むために、外部に再循環ポンプ2台が設けられています。
仮に、事故や故障時にこの再循環ポンプが停止しても、自然循環(風呂釜と同じで温度差によって下にある高温水が上昇するという対流が生じる)だけで約50%出力まで炉心を冷やすことができます。
この炉心内の自然循環は、BWR(沸騰水型原子炉)特有の安全性のひとつで、異常事態や事故に十分対処できる設計基準としてうたわれています。
ところが、「過渡期現象記録装置データ」の「炉心流量」を解析すると、地震発生1分30秒前後から、冷却水の循環が急激に減少し、逆流すら起こしていることがわかりました。
冷却水の循環が止まると、炉心・核燃料棒の周囲に気泡が張り付き、発熱している燃料棒と冷却水が直接触れなくなり、燃料が壊れ始めます。
専門用語ではPCM(出力冷却不整合)と言います。
いったん泡が張り付くと相当温度を冷やさないと再び冷却水が燃料棒に直接接触しない、たいへんな状況で、「ドライアウト」と呼ばれています。
福島第1の1号機では、この状態が地震発生後、1分30秒を待たずして起こっていたのです。
つまり、津波を待たずして、燃料が壊れる環境が整ってしまっていた、ということです。

この解析結果について、10月中旬に、元国会事故調査委員会の田中三彦さん、後藤政志さんや、東芝で運転管理を担当していた小倉史郎さん、GEの技術者・佐藤さとしさん他、原電の先生たちの前で、6時間かけて説明しました。
みなさん大筋で納得されてました。
11月には、九大名誉教授・岡本良二さんにも「合理的・論理的な論考だ」とのお墨付きをもらいました。
 






報道するラジオ年末特番「進まない原発問題、東電はなぜ破綻しないのか」古賀茂明




関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

テーマ: ニュース・社会
ジャンル: ニュース

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。