プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

寡黙の人、上杉景勝

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上杉景勝
越後魚沼郡上田荘を本拠とする、坂戸城主長尾政景の二男。
母は謙信の姉・仙桃院、つまり謙信の甥に当たる。

父政景の事故死の後、謙信の命により彼は直江実綱・甘糟景持に預けられ、その器量があるならば十六歳にて政景の本領を返してやろうということになった。
直江・甘糟が景勝を親しく観察するに、人柄はもの柔らかだが、手ぬるいかと見ればそうではなく、たいていのことはじっと堪忍するが、怒るときは激しかった。また不憫だと思えば慈悲をかけ、人を使うにも心配りをして「ありがたいことだ」と思わせるような使い方をした。さらに文武の道に精進し、老巧の者の話には耳を傾けて理非の吟味をしたという。

肖像は数多くあるが、景勝の内面的な性格をよく表していると思う肖像画。

images.jpg

非常に無口で誉れ高く、眼光鋭く笑うことはほとんどなかったと伝えられる。
上杉家の家来達は、敵よりもこの主人を最も恐れていたという。

上杉謙信との間は養子であり、謙信は景勝に直筆のかな手本まで与えるほどで、のちに筆跡があまりに似ているために、謙信からの手紙と称するものが景勝の書いたニセモノではないかと疑われるものもある。

謙信の能登平定ののちに、相模の北条氏から人質として送られてきて謙信の養子となった義兄(義弟とも)・上杉景虎とともに能登の支配を任せられた。
謙信が死去すると、上杉景虎との相続争いが勃発する。
これは謙信が後継者を指名しないで急死してしまったことや、越後の長尾諸家を中心とした、何代にも渡る権力争いなどの複雑な事情が背後に絡んでいると言われる。

しかし、いち早く春日山城本丸と金蔵を占拠した景勝側が有利となり、春日山城下の上杉憲政の屋敷に立て籠もった景虎と戦ったが、甲相同盟に基づき調停のため越後国へ出兵した甲斐国の武田勝頼により形成が逆転、一転して景勝は窮地に陥った。
しかし、東上野の割譲と多量の黄金譲渡を条件として武田氏と和睦し、これによって武田家の後ろ盾を得たことにより、景勝は戦局を覆した。
またこのときに勝頼の異母妹菊姫と婚約し、翌年には正室として迎えることで甲越同盟を結び、武田家との関係を強化した。

また信濃国の真田昌幸の次男幸村を人質として預かり、真田家とその所領を一時的に従属下に置いた。
この時の真田家に対する扱いに、真田昌幸はいたく感激したとも言われてる。
前田慶次郎は後に「天下広しといえども、真に我が主と頼むは会津の景勝をおいて外にあるまい」と語ったそうだ。
破天荒で歌舞伎者と呼ばれる前田慶次郎ではあったが、上杉景勝に対する敬意の表れを感じ取れる話だ。

豊臣政権になると上杉景勝は豊臣秀吉の重臣となり、秀吉の5大老まで登りつめ、越後から会津120万石へ国を移封された。
秀吉が死去すると、家老の直江兼続が穏やかで豊かな情実の性質から好意を持っていた五奉行の石田三成に近づいたことから徳川家康と対立する。
徳川幕府は、のちにキリシタンの力を恐れ、これを追放せよと命じたが、上杉景勝はこれに応じなかった。
景勝自身がキリシタンに好意を有していた訳ではないといわれているが、長年苦楽を共にしてきた有能な家臣たちを失いたくなかったためと伝えられている。
「当領内には一人のキリシタンも御座無く候」と答え幕府の命令を拒否し、すべてが徳川幕府の言いなりではない、という上杉家の考えが伺える。

この後、景勝は生来の頑固さと自尊心の強さから、家康の様々な言いがかりに抵抗し続けるが、この時の兼続による痛烈で挑発的な返答が、家康をして身を震わすほどに怒らせたと言われている。
この経緯について、石田三成との間に密約が合ったとも言われているが定かではない。
ただし、ともに家康嫌いで抵抗した真田家(長男信之の家)には、一度も空けられずに代々伝わっていた「吉光のお長持」という逸品があって、江戸幕府が倒れて明治になってから開封してみると、「徳川家拝領の吉光の刀」ではなく、石田光成からの書状等の、当時露見していたら確実に徳川家康に取り潰されていたであろう証拠の書類の数々が入っていたという。

関が原戦後、景勝が兼続と共に上洛、家康に謝罪した上で上杉氏の存続は正式に許された。しかし改易は免れたものの、出羽米沢30万石藩主として減移封され、上杉家は景勝一代において北信越の大大名から出羽半国の一大名へと没落した。

米沢への減移封の際、景勝は所領を大幅に減らされたにも関わらず、家臣の召し放ちを行わなかった。
因みに、この事が後世の米沢藩の財政難の原因になっているが、後にこの財政危機を救ったのが、九州の小藩から養子となってきた上杉鷹山である。

石田三成の挙兵により引き返す徳川家康への追撃を主張する兼続に対して、景勝は「太閤が他界する前、御前で生涯逆心しない旨の起請文を書き、その誓紙を太閤の棺に納めることは天下ことごとく知っている。この度のことは家康から仕掛けてきたので合戦の備えをしたが、家康が江戸に引き返した以上、こちらも会津へ引き返すのが道理と言うものだ。いま家康を追撃すれば先々申してきたことは全て偽りになり、天下最大の悪人として信用を失う」と述べたという。

関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。