プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

武士(おとこ)の紋章、滝川三九郎一積

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
滝川三九郎一積(かずあつ)は、資料が少なく真実を語るのは難しいが、戦国時代から江戸時代にかけての武士として、非常に興味深い生き方をした人物である。

彼は滝川一忠の嫡男で滝川左近将監一益の孫にあたる。
一益は織田信長の一軍団長として武田攻めの先鋒として働き、信長が本能寺に倒れた際には柴田勝家と同盟して秀吉に対抗したため、晩年は越前に捨扶持を与えられて再び世に出ることなく亡くなった。
その嫡男だった一忠は父と共に秀吉に歯向かったため、滝川家は弟の一時が継いだ。

三九郎は飄々として流浪の旅を続けていたようであり、関ヶ原戦の前夜には旧知であった真田氏の元にいたともいわれ、真田昌幸の娘の於菊(真田幸村の妹)をこのときに託されたという。
その後、彼は織田長益の推挙のままに米子藩中村一忠に仕えた。
この時、ほぼ同時期に米子藩では横田騒動が起こっており、その騒動に巻き込まれて大怪我を負ったとも言われている。
しかしその直後に徳川家康の下で2000石を拝領して家臣となっていた叔父・滝川一時が若くして没し、子の滝川一乗がまだ幼少ということもあって、一乗が成人するまでという条件付で名代に任じられて家康に仕えた。

大坂戦後は、家康を心底恐れさせたという智将真田幸村の二人の娘・梅とあぐりを養女とした。
そして、梅を伊達家の家老・片倉小十郎重長へ嫁がせ、あぐりを伊予の松山城主、松平忠知の重臣で蒲生源左衛門の息・郷喜へ嫁がせたのである。
関が原の戦前から徳川方につき、家康から深い信頼を受けていた幸村の兄、真田伊豆守信之は、滝川三九郎を、「わが家の恩人である」と、言ってはばからなかった。

我が家は自分一代で絶えても一向に構わないと言って、子が出来ないことを気にも留めていなかった滝川三九郎が、五十をこえてから四十をこえた妻の於菊に男子が生まれたのだが、初産にもかかわらず於菊は肥えた躰からやすやすと我が子を生んだ。
この子を豊之助という。
何があっても物に動じたことのない三九郎も、このときばかりは驚きを隠さなかったという。

その数年後、滝川三九郎は豊後にある幕府の領地を見廻る巡見使として、九州におもむき、無事に役目を終えた。
その帰途に、蒲生家に嫁いでいる養女あぐりの、その後の様子を見るため、松山城下の蒲生家へ立ち寄った。
このとき、三九郎はあぐりにも、蒲生家に対しても、あぐりの実父・真田幸村については一言も口に出さず、自分があぐりの実父そのものの態度で終始したという。

翌年の秋になって、突然に、幕府が、滝川三九郎へ罪を与え、身分も知行も取りあげ、屋敷を没収してしまった。
その罪は何かというと、
一は、今になって、三九郎が徳川の敵である故幸村のむすめを養育し、これを蒲生家に嫁がせたのは、将軍と幕府をはばからぬ、けしからぬ仕わざである。
一は、三九郎が去年、幕府の御役目によって九州へおもむいたにもかかわらず、伊予の松山へ立ち寄り、幸村の娘の嫁ぎ先へ立ち寄り、種々のもてなしをうけた。
これは公私混同のふるまいで、不謹慎きわまる。

この罪状を、幕府の目付がやって来て申しわたしたとき、滝川三九郎は腹を抱えて笑いたくなるのを、やっとのおもいで堪えたのである。
あまりにも馬鹿々々しくて、怒る気にもなれぬ。
このような幕府に使えていたところで仕方がない、改易されてよかったとさえ思ったのである。
この一件は、松平家の重臣間の勢力あらそいが原因だったらしいが、滝川三九郎は運命に逆らわず、妻の於菊と、息・豊之助を連れ、江戸を発って京都へ向かった。
ただし嫡子の豊之助は、その後再び幕府に300石で召しだされて幕臣となっている。

三九郎について、作家池波正太郎氏は「川に水の流れるがごとく環境にさからわず、しかも一度も自己を捨てたことがない」人物として愛し、自らの小説にも何度か登場させている。
フィクションには違いないが、三九郎の人となりを知るには充分であると思う。
関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。