プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

桶狭間では、いったい何があったのか?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
ドラマや小説で一般的に知られる桶狭間の戦いは、2万5千といわれる大軍を引き連れて尾張に侵攻した駿河の戦国大名・今川義元に対し、尾張の大名・織田信長が10分の1程とも言われる軍勢で本陣を強襲し、今川義元を討ち取って今川軍を潰走させた、日本の歴史上最も華々しい逆転劇と言われる非常に有名な戦いである。

小説などで見るこの戦闘の詳細については、あらためて説明するまでもなく、歴史好きの人ならよく知っていることであるが、合戦の性格や実態については不確かなことも多く、さまざまな議論を呼んでいる。
現在一般的に考えられている双方の戦力は、今川軍二万五千であるが、義元の周辺にいて信長軍に直接対峙した兵力はせいぜい多くても5,000人程度であり、2,000人の精鋭を引き連れた信長軍と比べてそう大きな相手というわけでもなかった。

また今川義元の尾張侵攻は、京都に入って室町幕府の政権を掌握するためだったと考えられてきたが、義元は、今川家家督を継承してから長らく三河、尾張で漸進的に勢力を広げる戦いを繰り広げており、尾張をほとんど制圧していない状況で一挙に上洛を目指すという冒険的決断をしたとするには難がある。
また、上洛が目的であるならば、事前に越前の朝倉氏や南近江の六角氏などに協力を要請するはずであるが、そのような痕跡もなく、将軍足利義輝と義元との連絡を示すものも史料もない。

ここで紹介したい興味深い説があるが、その根拠となる部分は省略して、信長の考え方や性格を推察するに足る最小限の部分だけに留める。

-------->
松平元康は大高城の無血入城に成功し、織田軍の丸根砦・鷲津砦とにらみ合いとなる。
この丸根砦・鷲津砦から清洲城の織田信長に、後詰に出た今川主力軍出現の情報が伝わる。
織田信長は作戦会議を行わないまま、翌早朝出陣、小姓と共に熱田へ急行する。
この頃前線の丸根・鷲津の両砦は玉砕する。
織田信長は熱田で兵をまとめ前線拠点の善照寺砦に入り、決戦兵力を閲兵する。
中島砦周辺で、善照寺砦の織田信長を確認した佐々隼人正(勝通)、千秋四郎(季忠)の二部隊あわせて約300は、今川軍正面に突撃し、たちどころに両名は約五十騎と共に討死。
これを見た織田信長は、善照寺砦から前線の中島砦に移動、今川軍正面に兵を展開した。この時戦場を豪雨が襲い、この豪雨の晴れ際に織田信長は突撃を命令。
視界がきかぬ中、豪雨に気を取られていた今川軍は織田軍の突撃にパニックを起す。
混乱の敗走は本陣にも波及し、義元も後退するが補足され、ついに首を取られる。
これが現在明らかになっている「桶狭間合戦」の大まかな流れである。

ここにいくつかの謎がある。
1.織田信長はなぜ前日に作戦会議をしないのか。
2.丸根・鷲津の両砦はなぜ玉砕しなければならなかったのか。
3.佐々隼人正、千秋四郎両名はなぜ織田信長の命令を待たず突撃するのか。
4.松平元康はなぜ、大高城に無血入城が可能だったのか。
5.水野信元は参戦したのか、しなかったのか。

織田と今川の勢力に挟まれた位置に領地を持つ水野家は、元康(家康)の母の実家であり、信元は元康の叔父である。
水野家に武功があれば記録されているはずだが、信元に関連した記録が無いのは、何らかの形で参加していたにも関わらず、故意に記録が削除されたためではないか。

その前、織田信長は今川の制圧域だった東尾張の品野城を攻め取っている。
尾張内から今川の勢力を駆逐する作戦はすでに開始されていたのである。
品野城攻略に引き続き、織田信長は鳴海城、大高城の攻略を計画し両城を包囲した。
鳴海城、大高城が、品野城のように織田信長の押さえるところとなっては、三河をも勢力範囲とする今川義元にとって問題である。
彼は主力を率いて鳴海城、大高城、両城の後詰に出撃した。
攻城軍(この場合は織田軍)に対し、その攻城軍を駆逐し、城を救援するため後詰軍(この場合は今川軍)が決戦を挑む。
戦いを主導している側にとって基本路線はすでにあり、前日の軍議は必須ではなかったと考えられるのである。

鳴海城、大高城周囲には、一門の織田玄蕃(秀敏)や方面軍司令官とも言える佐久間信盛の外、織田軍の中堅所が多く在陣している様子は『信長公記』に記されており、決戦時の主力はすでに現地にいる。
北方の敵である斉藤家への警戒部隊は出払っているとすると、前日清洲にいたのは、織田信長の馬廻衆、小姓衆の他は、織田信長に同行する少数の兵を持つ数個部隊と、清洲の留守部隊だけであろう。
これでは清洲では軍議は出来ない。

丸根砦と鷲津砦にいる佐久間大学・織田玄蕃からの緊急連絡に対して、「軍の行は努々これなく」というのは、「軍議まったく無かった」と現代語に訳したのは間違いで、「命令はまったく出されなかった」と訳すべきなのである。

注進で「明日今川軍が攻めて来ると、自分たちは抹殺される」と伝え、当然撤退命令が出るか、増援部隊の派遣命令が出されるのを待つはずが、何の指示もなかった。
一見無責任な「軍議」をしない織田信長ではなく、最前線で救援を待つ佐久間大学・織田玄蕃の危機を無視し、何の命令もせず、事実上「死刑宣告」をした織田信長なのである。
では、佐久間大学・織田玄蕃の二名が、なぜ「死刑」にされるのか?

佐々隼人正、千秋四郎の二部隊の合計約三百は、織田信長が前線拠点である善照寺砦の到着を確認した上で、今川軍に突撃し敗れた。
このときの死者が約五十であり、この死者の中に、両隊の大将である佐々隼人正と、千秋四郎までが含まれている。
この二名は、それぞれ佐々家、千秋家の当主であり、織田信長の父信秀時代から戦場の場数を踏んだ武将である。
彼らが織田信長の命令を待たず、自殺とも思える無策・無謀な戦闘に、大将自ら真っ先に飛び込んで行ったのである。
また、この佐々隼人正、千秋四郎の部隊が、なぜ中島砦の前にいたのかも謎である。
中島砦の守将は梶川高秀、一秀の兄弟なのである。

今川軍首脳は、大高城解放の「後詰決戦」を戦わせるため、在地で最大の軍事力を持つ松平軍を、最大の激戦が予想される場所に派遣したのだろう。
しかし、思いがけなく無血で大高入城を果たした。
なぜだろう。

水野氏は、千を超える動員力があるにもかかわらず、桶狭間の記録に現れてこないのである。
「水野信元は寝返った」というひとつの仮説を用意しよう。
かつて大高城は、今川氏が押さえる以前、水野氏の城であった。
もうひとつの鳴海城は織田の勢力下の城であった、
大高城と鳴海城の間が、水野氏と織田氏の本来の領地境なのである。

織田信長は鳴海城、大高城の奪回を図るが、大高城を攻撃するには、当然同盟者水野氏の了解と協力が必要なので、水野信元を中心に据えて行うべき作業である。
こう考えると大高城の尾根続きの正面にある向山砦は、水野信元の陣だったのでは、との推測が湧き上がる。
大高城の包囲は、水野信元が向山砦に、氷上山砦に千秋四郎、証光寺砦に佐々隼人正、丸根砦に佐久間大学、鷲津砦に織田玄蕃が入って行う。
砦が置かれた氷上山は、古代熱田神宮が置かれた地とされ、現在も熱田神宮の神域である。
熱田神宮の大宮司職の千秋氏であれば、誰に遠慮なく砦を置ける場所である。

この包囲で、鳴海、大高両城の今川部隊は孤立し、食料が不足する事態にいたった。
東海一の弓取りである今川義元は、危機に瀕した前線の城を見捨て後詰を行わなければ、盟主の面目丸つぶれとなるので、大動員を行い尾張へ向った。

織田軍に数倍する今川軍の行動を知った水野信元は最前線にいた。
彼は始まろうとする今川軍との対決に恐怖を覚えたのか、織田信長に勝ち目が無いと思ったのか、今川や松平からの誘いもあって今川側に寝返り向山砦から撤退する。

慌てたのは、水野軍と一緒に大高城を包囲していた織田信長配下の武将たちである。
佐々隼人正と千秋四郎は、水野が抜けてほころびた戦線に見切りを付け、中島砦付近に撤退した。
丸根、鷲津両砦の佐久間大学、織田玄蕃は砦を動かないが、兵力不足のため、松平軍の大高入城を阻止できず、松平元康の無血入城となる。

この事情を知った織田信長は、大高城包囲の戦線崩壊を参加武将全員の共同責任と捉え、撤退を望む佐久間大学、織田玄蕃に何の指令も出さず、事実上彼らに「死刑」を宣告したのである。

中島砦付近まで撤退した佐々隼人正、千秋四郎も、当然織田信長に注進したはずだが、敵前にとどまった佐久間右偉門、織田玄蕃に何の指令も無いのだから、撤退した佐々隼人正、千秋四郎に指令が出たとは考えられない。
丸根、鷲津の玉砕を、佐々隼人正、千秋四郎は最も早く知る位置にいる。
ここで自分たちにも「死刑」が宣告されている事を理解しただろう。
中島砦で見上げた丘の上の善照寺砦に織田信長が到着したのを確認した佐々隼人正、千秋四郎は、今川軍前衛に突撃して果てた。

小さいながら帝国を背負った織田信長の、強さと恐ろしさが同時に具現化した瞬間である。織田軍は、この異様な「気」を持ったまま決戦展開に移るのである。
中島砦を出た織田軍の攻勢で今川義元は、本陣から離脱し、瀬名氏の陣方面に逃げるが、陣の手前で補足され討ち取られる。
織田信長からすると、水野信元も当然「死刑」対象で、後に、執行猶予が解かれ信元は腹を切らされた。

織田信長は「織田軍団」の独裁者である。
織田信長は、実戦で一人の戦線離脱者によって戦線が崩壊し、離脱者以外が戦死する状況をむりやり演出して見せた。
決して強兵と評価されない尾張の兵を率い、戦国を生き延びるには、こうした実地教育が必要だったのかもしれない。
織田信長軍団の構成員は、敵よりも織田信長が恐ろしかったであろう。
いくら恐ろしくとも織田信長配下でいることが、織田信長の敵になるより生存確率が高いのなら、そこで全力を尽くす生き方を選ばざるをえないのである。

関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。