プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

剣聖、上泉伊勢守

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
戦国時代、武田信玄や上杉謙信などが活躍した頃、群馬県赤城山麓の小さな城の城主に上泉伊勢守信綱という武将がいた。
兵法の達人と言うが、当時の兵法と言えば、馬術、槍術並びに剣術等、戦いに必要なすべての武術を指していた。

戦国時代の領主だから、当然自分の領地を守るために幾たびか戦をしたが、それ以外では主人であった箕輪の長野業正の助っ人に出るだけで、領地を広げるために我から進んで戦に出ることはなかったようだ。
しかし、ひとたび戦となるとその働きは、まるで鬼神のようであったという。

長野業正とその子長野業盛に仕え、武田信玄・北条氏康の大軍を相手に奮戦し、長野の16人の槍と称えられ、上野国一本槍の感謝状を長野業盛からもらったという。
長野家滅亡時、武田信玄の仕官要請を断り、それを惜しんだ信玄(晴信)の偏諱授与により、諱を信綱と改めたという逸話が『甲陽軍鑑』にある。
長野家滅亡後、新陰流を普及させるため神後伊豆守(鈴木意伯)、疋田景兼らの高弟と共に諸国流浪の旅に出たと伝わる。
ただし、後世に残る資料などから年代に前後するところがあるため、箕輪落城の前に、度重なる戦の明け暮れに嫌気をさし、嫡男秀胤に城と領地を譲って、兵法研鑽の道を選んだのではないかと思われる。

剣聖と謳われ、竹を割って束にしたものに皮袋をかぶせた袋竹刀を発明したとも伝わる。
若い頃には、鹿島香取神道流の塚原卜伝の弟弟子として修行したようだが、その他、陰流、念流など、多くの流儀において達人の域に達していた。
多くの流派の祖とされ、様々な伝承が各流派に伝わるが、充分な検証はされていない。

門弟・丸目蔵人佐とともに将軍足利義輝に兵法を披露し、それに対する義輝からの感状が、熊本県の丸目家に所蔵される。
その他にも、柳生宗厳に与えた印可状、宝蔵院胤栄への印可状、丸目蔵人佐に対し与えた目録と印可状が残る。
これらの印可状・目録の中で信綱は「上泉伊勢守藤原信綱」と記されている。
特に彼の工夫で編み出された中でも最も有名なのは「新陰流」であった。

信綱一行は本国を出たのち伊勢神宮へ向かい、北畠具教を訪ね、彼から奈良宝蔵院の胤栄のことを聞いてそこへ向かい、胤栄、柳生宗厳と出会いこれを下し、師弟となっている。
具教は代々伊勢国司を務めた名族北畠晴具の子で、伊勢国司北畠家最後の当主となる。
彼は塚原卜伝門下の剣豪大名として名高く、卜伝から「唯授一人」とされる新当流秘伝の太刀「一の太刀」の奥義を伝授されている。
しかもト伝が死に際して、嫡男彦四郎に「北畠卿より伝授を受けよ」と遺言したとも伝えられているので、剣技はもとより人格も相当立派な大名であったと思われる。
信綱は同門の兵法家と言える北畠具教にぜひ会いたかったのだろう。

さて、伊勢へ向かう前に信綱に一つの非常に有名な味わい深いエピソードがある。
尾張あたりのとある村にさしかかったとき、その村では大騒ぎをしていた。
疋田文五郎が村人に事情を尋ねたところ、悪事を働いた浪人者を村人が捕らえようとした途端に、村の幼い子供を人質に取って小屋に立て籠もってしまい、近づこうとすると子供を刺し殺そうとする。
子供を人質に取られた両親は狂ったように泣き叫ぶばかり、さてどうしたものかと困り果てているという。
これを聞いた信綱は一瞬表情を曇らせたが、たまたま居合わせた僧に袈裟を借り受け、念の入ったことに頭髪まで綺麗に剃ってしまった。
文五郎や神後伊豆も、お師匠は一体何をするのかと思いきや、信綱は村人に握り飯を二つこしらえさせ、それを持って浪人者の籠もる小屋へと向かった。
信綱が小屋に近づくと、「来るな!そこから一歩でも近づくと子供の命はないぞ。」と叫び、子供の喉元に白刃を突きつけて威嚇する。
「なにを怯えておる、わしは見てのごとく通りすがりの僧じゃ。ほれ、握り飯を持って参った。」
「うるさい!何だかんだと言っても俺を捕らえに来たのであろうが。」
「そうではない。ただ、その子に罪はない。握り飯を食わせてやってはもらえぬか。」
昨日来、飯を一粒も食っていなかった浪人者はさすがに空腹を思い出したのであろう、信綱にこう言った。
「よし、ならばその握り飯を抛り投げろ。それ以上近づいたら子供の命はないぞ。」
「わかった、わかった。二つ進ぜるほどに、必ず子供に一つは食わせてくだされや。」
あまりの空腹と信綱の人柄から、やや態度を軟化させた浪人者は、子供を相変わらず抱きかかえたまま戸口に姿を見せた。
「では抛りますぞ、ちゃんと受けなされや。」
信綱は一つの握り飯を浪人者に向かって抛り投げた。
そして間、髪を入れず二個目の握り飯をも抛り投げた。
浪人者は子供を左手に抱え、右手でその喉元に白刃を突きつけていたのだが、一個目の握り飯は子供を抱えた左手を使って器用に受けた。
しかし、続いて投げられた二個目を受け取る際、思わず右手の刀を投げ捨ててこれを受けたのだが、浪人者が刀を手放した一瞬の隙を突いた信綱は、あっという間に飛びかかって彼を組み伏せてしまった。
村人達の喜びは非常なものであった。
信綱に袈裟を貸し与えた僧もこれにはいたく感じ入り、そのまま袈裟を信綱に贈ったという。

程なく彼は京に戻り、そして神後伊豆を打太刀に、正親町天皇の御前で武術としては初めての天覧演武の栄に浴し、さらに従四位下武蔵守に叙せられたのである。
その数年後再び柳生の里を訪れ、宗厳と久々に対面した信綱は、請われるままに二人きりで道場に籠もり、彼が格段の進歩を遂げたことを悟り、新陰流の印可を与えた。
この時、宗厳は無刀の技を工夫していたが、この技のヒントを与えたのが信綱であったとされる。

京にいた頃の詳細は不明だが、池波正太郎の小説によると、京を去るときに、瀬田の唐橋で20数名の刺客に襲われたが、「気合声が橋上に飛び交い、白刃が、槍が、闇に煌めき、刺客たちは縦横に、橋の上を駆け回っているかのように見えた。笠も取らぬ上泉伊勢守の老体が、その凄まじい剣の閃きの中で、ゆらゆらとゆれているかのようであった。そのひとゆれごとに、刺客たちの悲鳴が上がった。
そして・・・・・。
雨が上がった時、瀬田の唐橋をおおう夜の闇に、散乱してうごめき、うめいている20数名の刺客たちは、それぞれに腕、足を切り飛ばされ、血のにおいに噎せていたが、命を失ったものは一人もいなかったといわれる。・・・・・・このときから、上泉伊勢守の消息を、世の人々は耳にしなかったようである。」とあるが、真相はもちろん分からない。

信綱64歳のときに京を去り故郷上州上泉の地に戻り、下総国府台合戦にて戦死した息子秀胤の13回忌の法要を行ったという記録があるという。
その後彼は後妻(北条綱成の娘)との間にもうけた二人の子有綱・行綱が兵法師範をもって仕えている小田原北条家へと向かったようだ。
そしてついに不世出の剣聖は、相模小田原で、その前半生は波乱に明け暮れた上州の一小領主として、後半生は高名な武芸者としての生涯を閉じた。
享年70歳とも、75歳であったともいわれるが、その死期と年齢については諸説あり、今もって定かではない。

関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

武さん、コメントありがとうございます。
そのとおりですが、名前もいくつかあるようですね。
お孫さんのことは知りませんでした。

柳生家など、有名な人たちとの出会いのことは分かっていますが、それ以外は謎の多い人物です。
池波正太郎の小説の所為もあるかもしれませんが、飄々とした感じをうかがわせて好きです。

また、別な人の書いた本を見つけたら読んでみたいと思っています。

上泉氏

今晩わ

記事読ませて頂きました。
 上泉氏って新陰流の祖の方ですか?
もしかしたら、そのお孫さんは上杉家に下ったのではないでしょうか?
上杉景勝時代の家康による"上杉討伐"の時の最上義光との「長谷堂合戦」時に戦死したというのが定説になっています。
 調べてみたら面白いかもです。
もし間違いだったら済みません(^^;

失礼しました
非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。