プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

蟷螂の斧、武田勝頼

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
異母兄で武田家後継者であった義信の家臣らが信玄暗殺の密謀のため処刑され、義信自身も幽閉され、次兄の竜宝は生まれつきの盲目のために出家し、三兄の信之は夭逝している事から、勝頼は武田の後継者になった。
しかしそれは一時的なものに過ぎず、正当な世継ぎは勝頼の息子、信勝とし、勝頼は信勝成長までの代行者-陣代-と定めたのである。
信玄の目には、気性の激しさゆえに自分のあとをすぐに継がせるのは危険と映ったのであろうか?

ここにすでに武田家滅亡の芽が密かに出始めていたのである。
武田の家中とすれば、自分達が滅ぼした諏訪氏のしかも神に連なる娘の子である勝頼は、武田に仇なす子供という空気が誕生の時からあったように思われる。
信玄時代「人は石垣、人は城」と団結を誇った武田軍団は大きな亀裂が生じていた。

勝頼は徳川家康に寝返った奥平親子を討伐するために兵1万5,000を率いて三河国へ侵入し、奥平信昌が立て籠もる長篠城への攻撃を開始する。
しかし、奥平勢が善戦する長篠城は武田軍の猛攻を支え、長篠城攻略に予想外の時間を費やすこととなる。
そして、遂に織田信長・徳川家康の連合軍およそ3万8,000が長篠(設楽ヶ原)に到着し、馬防柵を含む陣城の構築を開始した。
これに対し、勝頼は長篠城の抑えに兵3,000を残し、主力1万2,000を率いて設楽ヶ原へ進出し、織田・徳川連合軍と対峙する。
しかし、もはや野戦ではなく、むしろ攻城戦に近い状況(攻城戦はより単純な兵力差が影響する)を感じ取った信玄以来の重鎮たちは撤退を進言したというが、勝頼は織田・徳川との決戦を選択し、開戦することとなった。
経験豊かな重臣たちの言葉に耳を貸さなかったのは、焦りと被害意識が綯い混ざった複雑な心境の所為だったのだろうか?

武田軍では、山県昌景・土屋昌次らが戦死し、武田軍は総崩れとなるが、敗走する中で馬場信春、内藤昌豊、原昌胤、真田信綱・昌輝兄弟等、有能な将士を次々と失ってしまう。
この敗北で、武田軍は1万人以上もの死傷者を出したといわれている。

東国諸侯は「勝頼はこのたび大欲にふけって、義理の通し方を間違えた」と勝頼をそしったという。
勝頼は、近い将来攻め込んでくるであろう織田・徳川連合軍への備えのため、新府城を築城して防備を固めるとともに、武田軍団の再編成を目指した。
しかし、そのために膨大な軍資金を支配下の国人衆に課すことになり、皮肉にも却って国人衆の造反を招く結果となった。
信玄の時代にはなかったことである。
なお国人衆の反発は勝頼の中央集権化を目指した政策に原因があるとする意見もある。

信玄の娘婿で外戚の木曾義昌が新府城築城のための負担増大への不満から織田信長に寝返る。
勝頼は外戚の義昌の反逆に激怒し、即座に木曾討伐の軍勢を送り出した。
その間に織田信忠が伊奈方面から、金森長近が飛騨国から、徳川家康が駿河国から、北条氏直が関東及び伊豆国から武田領に侵攻してくる。
これに対して武田軍では組織的な抵抗ができなかった。
武田軍の将兵は人間不信を起こし、疑心暗鬼に苛まれた将兵は勝頼を見捨て、隙を見ては次々と逃げ出したのである。
唯一、抵抗らしい抵抗を見せたのは勝頼の弟である仁科盛信が籠城する高遠城だけであった。

甲斐国の有力国人で一門衆の小山田信茂と、信濃国人である真田昌幸が、勝頼を受け入れることを表明した。
特に真田昌幸は、過去に何度も徳川の大軍を相手に翻弄し退却させているので自信があったであろう。
しかし、勝頼は真田昌幸を信頼しきれず、一門の小山田氏を頼って敗走したが、大月の入り口笹子峠を越えようとしたとき肝心の小山田氏が寝返ったため、峠の手前の天目山中を彷徨することになった。
その途上の田野でついに追手に捕捉され、嫡男の信勝や正室の北条夫人とともに自害した。
享年37。

これによって、450年の歴史を誇る源氏の名門・甲斐武田氏は滅亡した。
蟷螂の斧を勇ましく振りかざし、偉大な父の影を自分に重ねて、わが猛勇のみを過信して猪突猛進した結末である。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。