プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

賢君、真田信之

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
真田信幸(信之)と信繁(幸村)は、性格面でよく比較されるが、表立った華々しい活躍は少ないものの、幸村を超えるほどの勇猛かつ智勇の武将であったようだ。
また、源二郎(幸村)、源三郎(信幸)という名前から、幸村の方が先に生まれたのではないかとの説もあるが、正確なところは分かっていない。
昌幸は、穏やかで堅実な信之より、直情的で素直な幸村のほうをより可愛がっていたようなふしがある。

真田家の領地は、越後の上杉、甲斐の武田、相州の北条に挟まれ翻弄され、織田信長に臣従したと思ったら、まもなく本能寺の変が起こるなど、安穏とした生活が送れたときは極めて少なかったに違いない。
二人の息子達も幼い頃から、絶えずいずれかへ人質に出されていた。

過去には、一度ならず領地を狙う徳川に攻め込まれてこれを撃退しているが、関が原の前哨戦では、父と弟が徳川と敵対し、特に秀忠に対しては関ヶ原へ遅参させた(この時秀忠は家康への面会も許されず、面目は丸つぶれとなった)こと、大阪の陣では幸村が家康に痛い目を合わせるなどから幕府に睨まれることが多く、そのために信之は献身的に幕府の公役を務めた。

信幸は西軍に付いた父昌幸との決別を表すために、名を信幸から信之に改めている。
また、自らの戦功・領地そして命までをも投げ出して助命に走る姿が諸将の同情を引き、信之の正室小松の実の父であり、家康に過ぎたるものといわれた本多忠勝もお聞き入れくだされなければ、それがしが殿と一戦仕ると家康に啖呵を切った事から、父と弟は一死を免れ九度山への流罪となった。

戦後、昌幸の旧領に加え3万石を加増されて9万5,000石となり、上田藩主となることが出来たのは不思議なくらいだが、家康個人との信頼関係がいかに強かったかが想像できる。
しかし秀忠の不興は晴れることが無く、真田家はその後、父祖の地である上田から、河川の氾濫などにより痩せた土地だった信濃国松代へ左遷同様の転封されることとなった。

その後も、大阪の陣の折の裏切りを疑われて追及されるなどの危難も、協力者を得て切り抜けている。
長男の真田信吉やその長男・真田熊之助、次男の真田信政が相次いで死去したため、この時隠居していた信之は、真田家に起きた後継者争い(真田家の取り潰しを狙った幕府や縁戚の大名をも巻き込んだといわれる)を収めるために復帰して藩政を執った。

混乱の戦国末期を徳川への忠誠と父譲りの才気で乗り切り、家中の騒動を収め、その卓越した政治力と生命力で真田の名跡と血を残したのは信之の功績そのものである。
晩年は戦国時代を生で知る最後の生き残りとして幕府内でも一目置かれる存在で、隠居願いもなかなか許されなかった。

温厚な人物だったといわれ、夫婦仲は良く、妻を亡くした際には「我が家から光が消えた」と大変嘆いたという。
真田信之は、良妻・小松の倹約により蓄えていた20万両にも及ぶ蓄財と共に松代入りし、その後三代まで続く財力で松代藩を立て直し、善政を敷き、人を育てて、明治維新まで続く藩の基礎を築くのだった。

真田家には、「吉光のお長持」という逸品が代々伝わっていた。
家老でさえ中を見たことがなく、常に4人の不寝番がつく程だったが、江戸幕府が倒れ明治になって開封した際、中から出てきたものは、家康から拝領した吉光の短刀ではなく、石田三成からの書状等の、当時露見していたら確実に徳川家に取り潰されていたであろう証拠書類の数々だった。
危険な証拠書類を焼却せず、不寝番をおいて秘蔵して後世に伝えたこの行為は、苛め抜かれた徳川家に対する反骨精神の表れとみると、真田信之もまた「真田」の血の者であったと言うことだろうか。

信之は思慮深く、武勇に富み、道義を重んじる武人と語り継がれているが、本多忠勝(舅)に兵法とは何かと質問を受けた時、「兵法は家臣を不憫に思うこと、軍法は礼儀を守ること」と答えたことや、家康が関ヶ原の戦いにおいて天下を手中に収め諸大名に謁見したとき、自分を売り込もうと一生懸命な大名の中にあって一言も喋らず、「真田はいずれ話に来るか」と家康が気に掛けたという話や、倹約を奨励して自分も家老の家に滅多に出かけず、行った代わりとして費用分の金を送ったなどと幾つも逸話が残る。
信之は93歳という長寿を全うした。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

それは過大評価では?

突然で申し訳ありませんが、貴方の真田信之評は、過大評価ではないですか?
そもそも、信之の事跡を書いた松代藩史書は、成立年代が信之没後百年以上たったものなので信憑性が低いです。
徳川実紀を根拠に、信之が徳川に信頼されたと吹聴する歴史家が居ますけど、実紀編纂当時の松代藩主は、徳川の血を引く真田幸貫なので、幸貫のコネのお陰で信之は、実紀の上で徳川受けするように書かれているだけに過ぎません。
信之没後の松代藩財政は悪化していて、財政が豊かな藩より持参金目当ての養子縁組を組むようになり、信之の血を藩主家系から排除するようになりました。
真田幸貫は松代藩主家系に、信之の血を残そうとしましたが、それを嫌う家臣によって、信之の血を引く者達は闇に葬られてしまい、幸貫の後継は彼の隠し子と側室の間に出来た子です。
幸貫の孫が松代藩を嗣いだ翌年、幕府は持参金目当ての養子縁組を禁止したため、その後は伊達政宗の子孫を迎えており、この際の藩主が、現在の松代藩真田の当主の直先祖にあたります。
信之没後の松代藩の歴史を根拠とすれば、彼の名君説は信憑性が低いと思います。
非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。