プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

本能寺の変の真相は?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
明智光秀の家系は清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏土岐氏支流である明智氏。
この家系が、本能寺の変を引き起こしたことと強い関係があるように思えてならない。
『信長公記』は光秀自身の出自に朝廷と深い関わりがあったとしている。

皇室が滅ぼされると思った朝廷から信長討滅の指令があったとする説もあるが、これが事実なら、暗殺後に朝廷がバックにいることを書けばもっと味方が増えたのに、汚名を朝廷に着せない為に、一言も書かなかったことになる。

そこで、一つの仮説を立ててみることにする。
光秀は、天皇若しくは天皇に非常に近いやんごとない公家の落し胤だったとする。
そして皇室から、長く続いた戦乱を鎮め、世に平和と安定をもたらすための工作を委ねられたとする。
もちろん、決して皇室を表立って巻き込まないことを条件に。

多くの学問や趣味、園芸、作法などに通じていたのは、ミッションをこなすために必要な知識や技術だったに違いない。
鹿島香取神宮をはじめとする全国の皇室直轄の神社の神官や、伊賀、甲賀の神域を守る忍者軍団がそうであったと同じように、である。

そして常に皇室と連絡があったと思われるが、皇室の諜報機関のような役割を担っていたとすれば、当然のことであったろう。
諜報部員だったとしたら、有力な武将に就いて朝廷にとって都合のよい世を作るために働きかけ、協力するだろうし、何かあっても朝廷の影を浮かび上がらせることは出来なかっただろう。

朝廷は国内が乱れることを最も嫌うだろうし、武力を持たない朝廷にしてみれば、力のある誰かに国内平定をさせる方法を考えると思う。
そして望まないものが権力を振るい出した時には、その権力を何とか潰そうとするかもしれないが、はるか昔からの慣例でもあるように、我が代わりとなって天下を治めるのは、あくまで力のある源氏や平氏(いずれも皇室の一族)の武将達だった。
それは足利氏でも織田氏でも、誰でも良かったに違いない。
実際にその役割(工作活動)を担ったのが光秀ではなかったろうか?

光秀は信長と対立するようになる義昭を見限って信長に仕えることになるが、これは、将軍義昭には、天下を治める器量が無いと判断したためであろう。
さらに、戦乱の世を鎮めるための近道として信長に近づいたが、比叡山の焼き討ちや皇族への厳しい仕打ちを見るにつけ、信長をも見限ったと見ることは出来ないだろうか?

彼が仕えていたのは、美濃の斉藤氏でも、越前の朝倉氏でも、岐阜の織田氏でもなかった。
皇室だったのである。
とすれば、本能寺の変は、世に言われている謀反ではなかったのではないか?
つまり光秀は、最初から信長の代わりに自分がトップに立とうというつもりはなかったのではないか?
朝廷にとって不都合になり始めた信長を排除すれば、それだけで当面の目標は達成されたのではないか?
ところが、秀吉はそれを知ってか知らずにか、我が天下を取る唯一のチャンスと捉え、戦略として謀反人と宣伝した訳である。

そして、彼は完全に姿をくらましてしまった。
殺されたことにして。

明智本家の地盤、岐阜・美山町には影武者「荒木山城守行信」が身代わりになったと伝承されている。
光秀が討たれた小栗栖は天皇の側近の領地。
領主の公家は生き残った明智一族の世話をするほど光秀と親しい。
この土地ではどんな工作も可能だ。

ルイス・フロイスの『日本史』に、「裏切りや密会を好む」「刑を科するに残酷」「忍耐力に富む」「計略と策略の達人」「築城技術に長ける」「戦いに熟練の士を使いこなす」等の光秀評がある。
フロイスの信長評が世間で広く信用されているのに対し、光秀評は無視されていると記し、光秀に対する評価を見直すべきという研究家もいる。

光秀と同一人物ではないかと疑われている南光坊天海、智楽院とも呼ばれるが、天海の前半生は不詳である。
小槻孝亮の日記『孝亮宿祢日次記』には、天海が寛永9年4月17日(1632年6月4日)に日光東照宮薬師堂法華経万部供養の導師を行った記事があるが、天海はこの時97歳(数え年)であったという。
これに従うと生年は天文5年(1536年)と推定され、没年は107歳となる。
江戸の都市計画にも関わり、陰陽道や風水に基づいた江戸鎮護を構想する。

天海と光秀が同一人物だと享年は116になり、天海を光秀とするのは年齢的にやや無理があるが、それに近い人物である可能性もある。
天海と光秀の書状の筆跡鑑定によると天海と光秀は別人であるが類似した文字が幾つかあり、2人は親子のような近親者と推定できるという。
ここから光秀の従弟とされる明智光春、あるいは娘婿の明智秀満とする説がある。

光秀は、淀の方やその側近達の態度にあきれ果て、最後には徳川に天下(朝廷の庭)平定の仕事を委ねようとしたのではないか?
大阪の陣の家康の傍に天海の姿が見え隠れしている謎も、これなら理解できる。
同一人物ではないにしろ、天海と光秀は協力し合って、徳川の世が平和に続き、二度と戦乱に逆戻りしないように願ったのではないだろうか?
大英帝国の諜報員だったアラビアのロレンスを思い出させる。

天海が江戸で初めて家康と会った時、初対面の2人は、まるで旧知の間柄の如く人を遠ざけ、密室で4時間も親しく語り合った。
大御所が初対面の相手と人払いして話し込んだ前例がなく、側近達は“これはどういうことか”と目を丸くしたという。
この時、天海は自分の素性を明かし、本能寺の変の真相の一部を語ったのではないかと思う。
『家康・家光・天海 御影額』…秀忠がいないのに天海がいるというのは、どれほど徳川にとって重要人物かがうかがえる。

家康の墓所、日光東照宮は徳川家の「葵」紋がいたる所にあるけれど、なぜか入口の陽明門を守る2対の座像(木像の武士)は、袴の紋が明智家の「桔梗」紋で、しかも寅の毛皮の上に座っている。
寅は家康の干支であり、文字通り家康を“尻に敷いて”いる。
日光の華厳の滝が見える平地は「明智平(だいら)」と呼ばれており、名付けたのは天海。
天海の着用した鎧が残っているが、天海は僧兵ではなく学僧だったはずだ。

家光の乳母、春日局は光秀の重臣・斎藤利三の娘。
斎藤利三は本能寺で先陣を切った武将であり、まるで徳川は斉藤を信長暗殺の功労者と見るような異様な人選。
まして家光の母は信長の妹・お市の娘。
水尾天皇の譲位問題では、秀忠の意で上洛、天皇と拝謁するなど、一介の乳母を遥かに超えた働きを見せた。
春日局は天皇に拝謁の際に賜った院号。

光秀が築城した亀山城に近い「慈眼(じげん)禅寺」には彼の位牌と木像が安置されているが、没後に朝廷から贈られた名前(号)が「慈眼大師」で、 “大師”とは“天皇の先生”の意である。

愛宕百韻とは、光秀が本能寺の変を起こす前に京都の愛宕山(愛宕神社)で開催した連歌会のことである。
光秀の発句「時は今 雨が下しる 五月哉」をもとに、この連歌会で光秀は謀反の思いを表したとする説がある。
「時」を「土岐」、「雨が下しる」を「天が下知る」の寓意であるとし、「土岐氏の一族の出身であるこの光秀が、天下に号令する」という意味合いを込めた句であるとしている。
あるいは、「天が下知る」というのは、朝廷が天下を治めるという「王土王民」思想に基づくものとの考えもある。

なお、この連歌に光秀の謀反の意が込められていたとするなら、発句だけでなく、第2句についても併せて検討する必要があるとの主張もある。
発句に続く脇は威徳院行祐の「水上まさる 庭のまつ山」、第三は里村紹巴の「花落つる 池の流を せきとめて」である。

まず、「水上まさる」というのは、光秀が源氏、信長が平氏であることを前提に考えれば、「源氏がまさる」という意味になる。
「庭」は、古来朝廷という意味でしばしば使われている。
「まつ山」というのは、待望しているというときの常套句である。
したがって、この第2句は、「源氏(光秀)の勝利することを朝廷が待ち望んでいる」という意味になるという解釈がある。

「花落つる」は、光秀の身のことを表し、天上から降り立つという意味だろうか?
それとも、わが身を犠牲にして、と解釈するのが正しいのだろうか?
「池の流を せきとめて」は、当然のごとく、信長の暴走を止めるため、ということになるのだろう。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。