プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

義侠の人、大谷吉継

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
正確な出自は不詳である。
戦国時代にそれほど目立った活躍の記録はないが、冷静沈着でとても義理堅い人物だったようである。

賤ヶ岳の戦いでは、長浜城主・柴田勝豊を内応させ、石田三成らと共に七本槍に匹敵する三振の太刀と賞賛される大手柄を立てた。
また、紀州征伐では2千の兵を率いて従軍、杉本荒法師を槍で一突きにして討ち取ったとの記録がある。

吉継は蜂屋頼隆の築いた敦賀城を大々的に拡大改修し現在の福井県結城町と三島町にまたがる広壮な近代城郭としたほか、三層の天守閣も造営し、庄ノ川、児屋ノ川の二川を境界として町立てを行い、町割を川西、川中、川東の三町に改めた。

秀吉が死去した後は急速に徳川家康に接近し、家康と前田利家の仲が険悪となり徳川邸襲撃の風聞が立った際には加藤清正や福島正則ら豊臣氏の武断派諸将らと共に徳川邸に参じ家康を警護している。

家康が会津の上杉景勝に謀反の嫌疑があると主張して上方の兵を率い上杉討伐軍を起こしたときには、家康と懇意であった吉継は討伐軍に参加するために領国の敦賀を立った。
その途中で、石田三成の居城である佐和山城へ立ち寄り、三成と家康を仲直りさせるために三成の嫡男・石田重家を自らの軍中に従軍させようとしたが、そこで親友の三成から家康に対しての挙兵を持ちかけられる。
これに対して吉継は、3度にわたって「無謀であり、三成に勝機なし」と説得するが三成の固い決意を知り熱意にうたれると、敗戦を予測しながらも息子たちとともに三成の下に馳せ参じ西軍に与した。

このとき吉継は関ヶ原の西南にある山中村の藤川台に大谷一族や戸田・平塚為広の諸隊、あわせて5,700人で布陣する。
吉継は当時業病とされていたハンセン病に罹っていたようで、崩れかかった顔を隠すために白い絹練の布で顔を覆い、輿に乗って軍を指揮し東軍の藤堂高虎、京極高知両隊を相手に奮戦した。

その後、松尾山に布陣していた小早川秀秋隊1万5,000人が裏切り大谷隊に突撃したが予め小早川隊に備えていた直属の兵600で迎撃、更に前線から引き返した戸田勝成・平塚為広と合力し兵力で圧倒する小早川隊を一時は500メートル押し戻し2、3回と繰り返し山へ追い返したという。
しかし吉継が追撃を仕掛けたところへ秀秋の裏切りに備えて配置していた脇坂・赤座・小川・朽木の4隊4,200人が東軍に寝返り突如反転、大谷隊に横槍を仕掛けた。
これにより大谷隊は前から東軍、側面から脇坂らの内応諸隊、背後から小早川隊の包囲・猛攻撃を受け防御の限界を超えて壊滅、吉継も自害した。
享年42。

辞世の句は「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」で、これは戦闘中に訣別の挨拶として送られてきた平塚為広の辞世「名のために(君がため) 棄つる命は 惜しからじ 終にとまらぬ浮世と思へば」への返句となっている。

豊臣政権の五奉行で関ヶ原の戦いの際には共に挙兵した三成との間には深い友情が存在したとされ、友情意識に疎い戦国時代においては両者の親密な関係は美事と思われ衆道関係であったとする記録も存在している。
ある日大坂城で開かれた茶会において、招かれた豊臣諸将は茶碗に入った茶を1口ずつ飲んで次の者へ回していった。
この時、吉継が口をつけた茶碗は誰もが嫌い後の者たちは病気の感染を恐れて飲むふりをするだけであったが三成だけ普段と変わりなくその茶を飲み(一説には吉継が飲む際に顔から膿が茶碗に落ちたが、三成はその膿ごと茶を飲み干したとされる)、気軽に話しかけてきた。
その事に感激した吉継は、関ヶ原において死ぬ覚悟で共に決起する決意をしたとされる。
重い病に冒され、わが身にも絶望していた所為もあったかもしれない。

関ヶ原では三成との友情に殉じたとされるが吉継自身は家康とも親しく、当初は家康派だったと目される。
吉継が西軍に与したことを知ったとき家康は非常に狼狽したという逸話がある。

三成の横柄さを憂慮した吉継は、「お主(三成)が檄を飛ばしても普段の横柄ぶりから、豊臣家安泰を願うものすら内府(家康)の下に走らせる。ここは安芸中納言(毛利輝元)か備前中納言(宇喜多秀家)を上に立てお主は影に徹せよ」と諫言したという。
三成ははじめのうちはこの諫言に従ったが、西軍が編成されると次第に横柄さを取り戻したと言われている。
関ヶ原に「西軍が先に着陣」した時に小早川秀秋の裏切りを見抜いて居て小早川隊の進軍経路の要所に「馬防柵」を築いたと云われる。

吉継は『名将言行録』でも、「吉継、汎く衆を愛し、智勇を兼ね、能く邪正を弁ず、世人、称して賢人と言ひしとぞ」と高く評価されている。

大谷吉継の娘は真田幸村の正室に迎えられ、非常に愛されたと伝えられており、激しく忙しい時代でもあり、直接会うことは少なかったと思われるが、真田家でも下にもおかず大事にされたと言う。
関が原の戦いの前、嫁いだ娘から届けられた手縫いの衣類を握り締め涙をこぼしたとも言われるが、その思いがどうであったのかは誰にも分からない。
名誉や権力を欲せず、このような穏やかな人柄で、目立つことがなかったにもかかわらず、敵味方区別なく愛され評価された人は珍しい。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。