プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

人生を応援する言葉集Ⅱ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
頑張って頑張って現状維持だっとしても決して腐ることはない。その頑張りはいつか必ず報われる時が来るから。

激しい言葉は耳の中だけで反響しているだけだが、優しい言葉は心の奥底まで沁み込んでいくものです。

性別、人種、職業、見かけによらず人に敬意を払える人と、人の嫌がることを平然と行える人は尊敬されます。

迷いは幸福を遠のかせ、その機会を逸すものです。自分の直感を信じればよい。

物事を上手にこなそうとするときは、一つずつ確実に仕上げていく必要があります。その順番は、始める前に自分で決めるべきことです。

常識は英語ではコモンセンスと言い、日本語でも英語でも社会共通の認識のことを言います。それがそうでなくなることが怖い。

不幸中の幸いというのは、ただ最悪の事態にならなかったということだけでなく、反省し乗り越える機会を与えられたという意味もあります。

期待する愛、望む愛ではなく、与える愛、包む愛を。

新しいことを見つけたい、成功させたいと思うなら、否定ではなく肯定から入らなければだめです。

動物はその純真な心から人を癒してくれますが、ペットとして飼うときは心からかわいい、大事にしてあげたいと思った時に飼うべきです。

頑張っただけで必ず成功するとは限りませんが、頑張ることで成功の可能性が広がります。

幸運は自分は運がいいと思っている人のところへ転がり込みやすいんです。

私たちは失敗したとき、その根本的な原因がよくわからない時があります。そんな時、簡単に済ませないで日を改めて考えてみるべきです。

自分が好きなこと、信じたことに没頭できる人が一番強い。

人は人との関わりなしに成功することはありえません。

人から誠意をもって愛されるのは、人を同じように誠意をもって愛することから始まります。

心の底から感謝できないなら、感謝しても何の意味も甲斐もない。

恋愛や結婚は自分が何かしてもらうためにするのではなく、相手を大切にしたいと思ってこそ成り立つものです。

腐っていないか?沈んでいないか? 燃えているか!輝いているか!

怒りは怒りを呼び、喜びは喜びを呼ぶ。

ともしびは、自分が輝くことで周りも明るく照らし出している。

人は自分が関心のあることにしか真剣に耳を傾けないものです。会話を楽しみたいなら、相手の関心事に注意を向けることです。

人は自分自身を愛そうと思えば愛せるものです。自分のすべてを信じ好きになることです。

欠点があるということは長所もあるということであり、長所も欠点もない人間なんてありえないんです。

親と子、上司と部下、先輩と後輩であっても、人としての尊厳を傷つけてもいいという理由にはならない。

ネガティブなものは、そっと心の奥底に沈めておこう。いつかそれが力となって沸き出してくるのを待てばよい。

人は「もうだめだ」と思った時でも、もう一絞り力を出すことができるものです。

あなたは、ひとについ「頑張れ」と言うことがありませんか?その言葉は時と場合によってその人の勇気を削ぐこともあります。

問題は、その根本を見つけることができなければ、いくら努力しても解決できないことが多いものです。

たまに見つける小さなうれしい出来事が大きな幸せです。

夢を見るなら、その夢を真剣に見て、心から楽しもう。

未来を真剣に考えるということは、教育を真剣に考えるということであり、子供達のことを真剣に考えるということです。

絶滅したり絶滅する惧れがある生命の種があるということは、人間にもその危惧があるということです。地球を大切にしなきゃ。

仕事でも日常でも嫌なことを無理に我慢して続けていると、波動が乱れてきて善い行いより悪い行いが増えてきます。

いろんな仕事を体験できていろんな人と出逢える。あぁ、人生楽しからずや。

人間が傷つけたものは、人間がその手で回復することができるはずです。もしそれが出来ないなら、決して傷つけてはいけない。

脳は記憶や計算だけを司っているわけではありません。芸術や直感などの、生きていくために非常に重要な感性も司っています。

何も拘らず、何も拒まず、巡り会えた運命を受け入れて感謝する。

うれしいとか楽しいという感覚は、人生にとって良い結果をもたらしますが、憎悪や恨みは全くその逆です。

努力をすることが楽しい、苦にならない、というものを見つけましょう。

お金も友達も伴侶も空気も水も、失って苦しい思いをして初めてそのありがたみを知ります。

人を尊敬することは自分を卑下することにはなりません。人を軽侮する場合と尊敬する場合では、自己発現に大きな違いが出ます。

欠点をなくそうとするより、長所をもっと伸ばそうとする方が楽だし、うまくいきそうですね。

苦労して得たものは、どんなものであれ宝物であり、失った時のことを思うと大事にするでしょう。

幸福を不幸と、幸運を不運と思い誤ってはいけません。

生きるということは、楽しいことに出会える機会があるということです。

人や社会を恨むということは、あなた自身の心が濁ってきているからです。心を解き放ち新しい空気で浄化してください。

何かがうまく行かないのは、ただやり方が間違っているだけです。

心というのは、困難に立ち向かうごとに強くなっていくものです。

今、夢がないなら夢を持ってみよう。夢があるなら実現に向けて歩き出そう。

人は体を動かし頭を使って仕事をしている時が一番生き生きしているものです。さあ、起きてください。

人は思わぬところで友達を失い、友情のありがたみを知る。

生き物へのいたわり、思いやりはかわいいと思うことより、その生き物が本来の生き方で生きられるように見守ることです。

植物は普通、太陽も雨もほどほどに必要ですし、温かさも寒さも来るべき時に来ないとうまく育ちません。人間もそうですね。

人は失敗と成功から勉強し成長します。子供にはそんな機会をたくさん与えてやれたらいいですね。

肉体の成長には栄養豊かな食べ物、運動能力の成長にはスポーツ、心の成長には人や自然とのかかわりにおける経験が必要です。

重力のない宇宙で永く生活し続けると、筋肉がやせ細ってやがては歩くことも困難になるそうです。人間にとっては重さも必要なんですね。

活動の朝は必ずやってくるものです。スマートな生き方は、その時寝坊してチャンスを逃さないことです。

季節の移ろいや自然の美しさに感動する。人の言葉や成果に感動する。その感動は前進するためのエネルギーを生み出します。

背中を押してくれる人はいるかもしれないが、あなたが進むべき道を決めるのはあなた自身しかいないのです。

一時の快楽を得るために人を欺くより、人の信頼を得るために今を我慢することも時には必要です。

心が盲目になってはいけない。心の目を透明にするためには、喜び悲しみ苦しみなどのよい経験で磨くことです。

落ち葉も虫の糞も死骸も動物たちの亡骸も、たとえ焼いて灰になったとしても、土に戻してやれば次の命によみがえります。

日常生活の上では、仕事であれ、人生経験であれ、必ず何らかの先輩に接する機会があります。その時彼らに敬意を表することは決して自分を卑下することにはなりません。

日々の生活そのものを楽しめたら心身ともに健康になり、より一層幸せになれます。

論理的に行動するより直感的に行動する方がはるかに素早いが、充分な経験を積まないと誤った道へ進みかねない。

何かに挑戦しよう、努力しようと思っている時、その障害になっているのは実は他愛もないことばかりなんです。

谷があるということは、山があるということです。影があるということは光があるということです。

努力しないで成功はないが、楽しいことを追求すれば成功が待っている。

良いアイデアは、学歴や年齢が生み出すものではない。

ネガティブな心は病気までも呼び込みます。何はさておき明るく生きることが大切です。

あなたが喜びにあふれていたら、それは必ず周りに広がっていきます。

ネガティブなものは、そっと心の奥底に沈めておこう。いつかそれが力となって沸き出してくるのを待てばよい。

人が一生のうちにすべきことは山ほどあります。でも今はそのうちの一つだけを気にしていればいい。

大きな岩でも、激しい振動や強い圧力などを加え続けると砕け散ってしまいます。私たちの地球も同じようにストレスには限界があります。

クジラの仲間たちは地球の裏側に居ても仲間と交信することができます。人間はこんな能力が薄れてしまいましたが、鍛錬によってある程度は呼び戻すことができます。

もし壁に当たってしまったら、数歩後ろに下がって見ると梯子や扉がどこにあるか見えてきます。

限界を超えて痛みに耐えようとすると、時に心は壊れてしまいます。耐えきれない時は思いっきり泣いて心を開放することも必要です。

あふれるほどの愛情と優しさは、あなたの前世も含めて現在までに潜り抜けてきた悲しみに磨かれたものです。

人のことを嫌な奴だと思った時の自分の顔は陰気な顔になって、いい人だと思った時の自分の顔は優しい顔になっています。

人からはできるだけ好かれて、長く信頼されたいでしょ。だったら恐れずに本音で話した方がよい。

なにかいいことないかなぁ、って待っていてもダメ。自分が本当に好きなものを自分で見つけるんです。

考え方、生き方は人それぞれであって、どんなに親しい間柄であっても違うところがあるものです。

人の性として、儲かる話は決して人にはしないものです。だから儲かる話の99.99%は眉唾です。

人をいじめる心理は、まだ十分に大人になりきっていない心の人が、自分が仲間外れにされたくない時とか、人の気を引きたい時の行動です。
抵抗できない相手に向かっていきます。

土地を耕して手に入れる苦労を知らないで、耕された土地を手に入れた人は、その土地を大切にしない。

自分へのしっぺ返しを恐れて環境を大事に考えるのでなく、当たり前のように自然に行動できるようになるといいですね。

苦労や失敗は無料で受けられる授業だと思えばいい。

幸せはお金では買えないと言いますが、逆に言えば、お金がなくても幸せを得ることができるのです。

歴史は人物名や年代を暗記しても意味がない。時代の流れの中でなぜそうなったかを勉強すべきなんです。

相手の言動にとても腹が立った時には、まず一歩引いて、その人がなぜそんな言動をするのかよく考えてみてください。

論理的に生きるよりも勘に頼って生きる方がよい時もある。そしてそれは失敗などの経験を積み重ねるほど多くなる。

自分が大好きで夢中になれるものがあれば、人の心は荒れることもなく何事もうまく行き、楽しい生活が送れるはずです。

心が折れそうなときは頑張って立たずに、力を抜いて柳のようにしなやかに揺れ動いて立った方がいい。

幸福というのは自ら進んで感じ取るものです。幸せも不幸せも自分の思いの中にあるものなんです。

生まれてきたのは自分の意思でなくても、どう生きていくかを決めるのは自分の意思です。

今生きているこの時この場所が、そのまま人としてさらに向上し、もっと素晴らしい人生を掴み取るためのトレーニング場です。

哀しみ、苦痛、喜び、怒りなどの表現に出会うことによって、人は初めて相手の心を知り、親しみを覚えるものです。

優しさは言葉ではなく心にあって行動に出るもの。その温もりを人が感じて初めて優しさになるもの。

楽しくないことを無理に続けていても良い人生は得られない。そんな時は、ゲームのルールや攻め方を変えるように、やり方を少し変えてみよう。

ビジネスの基本は人の役に立つこと、価値の交換です。素敵な暮らしの中心になるものです。

真夏には苦痛にさえ感じた日差しも、寒さが増してくるとその温もりがうれしく感じるようになります。

社会の道徳や常識の基準を示すために法律があるのであって、組織を守るためにあると思うのは法律家の妄想でしかない。

わが家族を愛し、わが町を愛し、わが国を愛し、そしてわが職を愛し繋がりのある人たちから歓迎される。それがわが幸せ。

あなたは社会に何を求めていますか?何を与えていますか?与えている以上のものを望むのは欲張りというものです。

ビジネスの絶対の真理。それは愛と情熱と奉仕がある限りビジネスは成功し決して倒産しない、というものです。

必要な時、必要のものが、必要なだけ得られれば、ささやかでも幸せで穏やかな日々を送ることができる。

もしあなたが何度も失敗を繰り返すとしたら、あなたの成長のためにその失敗がまだ必要だからなんです。

目標は無いよりあった方がいいに決まってる。だけど、自分が好きでもないことに目標を持ってもうまく行かないよ。

ゆったりと穏やかな時と、はしゃいで盛り上がる時とがあった方がよい。それは精神に良い刺激を与え自律神経のバランスをよくするから。

今この坂を登らなければその先にあるものは見えてこないんです。それは触れることのないただの夢のままになってしまうんです。

死を恐れなくても、無駄に死ぬことを恐れてください。自分にはやるべきことがまだたくさんあるのだから。

人生の生きがいや目標を見失ってしまった時は、社会の中にいる自分を外から見つめなおしてみると、そこに何かが見えてくる。

人が一生のうちにすべきことは山ほどあります。でも今はそのうちの一つだけを気にしていればいい。

どうしようかと迷った時は、まずやってみる。失敗は損にはならない。

無駄に生きるか?何かのために死ぬか?というランボーのセリフがありましたが、自分のために生きることが人のためにもなるならいいですね。

自我や利己に拘ると、素晴らしい出会いの機会も逃すことになります。良い波長を出す人には良い人が惹かれます。

人の笑顔はとても素敵ですが、その笑顔が自分がしたことによるものだと何より素晴らしいことです。

耐え忍ぶということと、目標に向かって頑張るということとは、全く逆の意識なんですね。

空気を感じる必要もありますが、物事に動じないためには自分の心をしっかり築き上げておく必要もあります。

あなたは画家であり、キャンパスはあなた自身です。自分の好きな色を塗ってみてください。気に入らなければ塗りなおせばいいのです。

人の言葉に、人の行為に、人の心に感謝して、今自分にできること、それ以上でもそれ以下でもない、自分にできることをする。

人との出会いは、私たちの何かに関心を持って選ばれた結果です。それを大切にしたい。

子供達には記憶するだけでなく自ら考え判断する力を養い、氾濫する情報の真偽を見極める能力を持ってほしい。

夢をかなえる力は努力と運によるものだけど、運は努力によって味方につけることが可能です。

あなたが明るく楽しく生きれば家族が明るくなり、家族が外に出て行けばその周りが明るくなり、幸せは池の波紋のように広がります。

高い山には他より先に雪が降るように、自身を高めることができれば真っ先に手に入れることができるものがあります。

人生というロードレースでは何度追い越されてもいいんです。自分で決めた方向を迷わずに間違えずに、自分のペースでしっかり歩き続ければいいんです。

論理的思考に頼らなければ完成できないこともあります。また直感に頼らなければ気が付かないこともあります。

ヒトも動植物も生きとし生けるものすべての命は、地球にとって必要で大切なものとして与えられたものなんです。

夢を見るのは楽しいものです。そしてその夢を実現させるのはもっと楽しいものです。

人には皆二面性があります。それをうまくコントロールできれば思いがけないアイデアが浮かんだり、不可能と思えることを可能にすることもできます。

自分の望みは人の望みと同じであってほしい。それを叶えて喜びを共に分かち合いたい。

春、寒さを乗り越えて暖かくなっていく、この時がいい。

怒りを持たない、不満を持たない、人を羨まない、人の喜びを一緒に喜ぶ。

まず、自分が努力する。すべてはそれから始まる。

悲しみや苦しみはいつか和らぐ。それまではそっと胸の奥にしまっておく。

日差しが明るく暖かくなると、花も輝いてくる。

まず一晩待ってみる。そこには昨日と違う自分がいるはずだ。

絵もいい、写真もいい、歌もいい。無邪気な生き物も心を癒してくれます。

危機管理に想定外はない。

未来を夢見て生きる子供たちは素晴らしい。

あなたの生きる道を信じて進めば後悔はないはず。

無くて七癖。人の癖は嫌わずに受け入れよう。

結果よりも大切なのは、そこに至る過程。

人にやさしく自分に厳しく。それは人として生きるための条件。

人の心を見つめよう。それは言葉より正直で美しい。

人のための行為と自分のための行為と二通りあって迷うときは、人のための行為を選んだ方がよい。

人は善の心と悪の心を併せ持っているが、常に善の心をもって行動することを心がけるとよい。

旧きを尋ね、新しきを知る。謙虚でいい言葉ですね。

生きるために最低限必要なのは、お金でも電気でもなく、空気と水と食料です。

地球にも自然にも耐えうる限界があるものです。

情報は独り占めするより共有した方が、いざというときに力になる。

新しい出会いには誰でも心ときめくもの。だから人は冒険をする。

本心を明かすと付け込まれると心配しなければならないのは、悲しい世の中です。

みんなで協力し合って乗り越えられないものはない。

人のためを思う。それは自分のためにも大事なことです。

喜びや幸福はどのような状況下でも、心の持ちよう一つで得られることがあります。

明日を信じて一歩前へ進むこと。一緒に歩き出しましょう。

死を目前にした時でも人は諦めないものです。その死を乗り越えて来たなら何も怖いものはないのです。

人の心を信じよう。それができれば幸せはすぐそこです。

あなたが今いることは、その経験を人に伝える使命を担っているのです。

何が嘘で何が真実なのかを見極める勘を養う必要があります。今それを試されています。

心を穏やかに楽にして、今できることを一つやってみよう。

自分ができる目の前のことを懸命にしていれば、天も人も見捨てることはありません。

風評というのは、正確な情報が広報されない時に起こるものです。

人を頼ったり、人の言いなりになってはいけません。自分の身は自分で守ることが大事です。

みんなで心を一つにし、手を繋ぎ合うことが力になります。

人によって判断が分かれても、その基準となる情報は正しいもの一つでなければなりません。

自ら心を折ってはいけない。生きていること、そのことにまず感謝して明日を目指そう。

春、寒さを乗り越えて暖かくなっていくこの時がいい。

怒りを持たない、不満を持たない、人を羨まない、人の喜びを一緒に喜ぶ。

まず、自分が努力する。すべてはそれから始まる。

希望を持つから、その希望のうちのいくらかは実現する。

日にちが変われば、新たな夢と新たな現実が始まる。

行動すれば必ず何かが変わる。

食事の大切さは、単に栄養を補給するだけではなく、ものを噛むことで脳に刺激を与えることです。

過去は未来の成功のためにある。

善い行いは、よい精神とよい顔を作り出す。

心を磨けばよい友と幸運に恵まれる。

笑顔は誰でも明るい気分にさせてくれる。

「今日も一日良い日にしよう」と思うこと。

できることから始めよう。できることだけ始めよう。

楽しいことには限界なんてない。

人を喜ばせよう。そうすれば自分の心も軽くなる。

明日へ希望を持つ限り、明日は必ずやってくる。

楽しければ笑う、辛ければ泣く、大人も子供も皆同じ、コミュニケーションの基本。

夢の実現は、できると信じることから始まる。

人を批判してもいい。だけど人を審判してはいけない。

変わった人とか、嫌な人とか思うときは、自分がそう思われる人になっているかもしれない。

自分より優れた人を遠ざけてはいけない。見倣って追いつこうと努力すべきだ。

勝つ時もあれば負ける時もある。いつでも胸を張って生きることが勝者の証し。

「負けました」と言って手をつくのは、謝っているのではなく、相手を称え敬っているのだ。

花を見て美しいと感動するのと同じ気持ちで、人を見て素敵だと思えることが素晴らしい。

今あることに感謝できれば、明日に希望を持って向かうことができる。

生き物の中で一番残酷なのは人間だと思う。

家庭環境、教育環境、社会環境など、様々な環境が人の人格形成に大きな影響を与えている。

悪いこと、嫌なことはいつまでも心に留めておかないことが大切。

楽しかったことはいつまでも記憶に残るもの。だから楽しみながら学習するのが効果がある。

ツキを自分のものにするには、日ごろの地道な努力が一番。

新しい出会いには誰でも心ときめくもの。だから人は冒険をする。

今やらなきゃいけないことなんてない。だけど、今やっておいた方がいいことは必ず一つはある。

涙や愚痴は誰も居ない所でそっと漏らして忘れるもの。

どうせやらなきゃいけないことなら、誰かがやらなきゃいけないことなら、自分が進んで気持ちよくやるがいい。

損得で行動するのはいい。だけどその時、経済的な損得だけを考えていないかい?

いかに効率よく世の中に投資していくか、それが知らないうちに将来の自分の幸せに大きな影響を与えます。

人生、器用に生きられなくても、正直に生きられればそれでいい。

明るく生きることは、想像をはるかに超えるプラスを自分にもたらしてくれます。

何だってやって見なければ成功するかどうか分からないし、何も得ることができない。

後ろ向きに走るより前向きに走る方がずっと速く走れるのは、誰だって知っていることなのに。

人のわがままや過ちを、どれだけやんわりと受け止められるか?

一度人を騙してうまく行くとまたやりたくなる。人の陥りやすい最大の過ちだ。

死を迎えるその瞬間、自分の人生を幸せだったと思えるか?

相手を労わりぬき、愛しぬき、信じぬけた時、その結婚は成功したと言える。

タバコは、やめる理由を他に求めるからやめられない。やめるもまた始めるも自分の意思で自由だと思えばいい。

生ける者たちの魂の叫びは、それを聴く準備が整っている人の心にしか響かない。

生きることを楽しむ権利は、生きているものすべてに与えられているもの。

人は自らの知恵と工夫でもっと楽しめるはずだ。

経験の少ない子供たちの方が、何もない環境での楽しみ方を簡単にみつける。

始める前に、まず絶対できると信じること、少なくともできる可能性があると信じることが大切。

高飛車な言動は、その人の価値を低くするだけで、決して高めることはない。

自分がいつも間違っていないと思うことは、成長を妨げる大きな要因の一つにもなる。

四六時中ケージの中に置かれた動物たちの不安や苦痛を、わが身に置き換えて考えてみたことはあるかい?

人に対する差別は、その人のDNAに刻み込まれた劣等感から生まれる。

私たちの文化や知性は、まだまだ未発達であることを認めなければならない。

小動物といえども意味もなく殺していると、それはやがて大きなものにまで感覚が失われていく。

愛されたいという願望が満たされないと、心が渇き歪んでいってしまう。世の中全体のためにすべからく人を愛したい。

赤ん坊が泣き叫ぶには、それなりの理由があるもので、正しい対処をしなければならない。

知識や経験は、勘を磨くために必要な要素であり、学習の一つの方法です。

関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。