プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発-17 福島原発で再臨界の疑いが

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原発に関する情報は、賛成、反対、すべてを幅広く見聞すべきと思います。
特に、単に原発に反対し正しい情報を流しているというだけでマスコミ等からボイコットされ助教授止まりになっている、真面目な京都大学の原子力研究の専門家たちの意見には耳を傾けるべきと思います。


★福島原発で再臨界の疑いが濃厚に
  解説:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)

 下記のサイトで、小出さんのコメントが出ていますので、お知らせします。

(要約)原子力安全・保安院は、8日、福島第一原発一号機の原子炉格納容器内
の放射線濃度が、毎時100シーベルトに上昇したことを明らかにした。これは前
日に比べて、3倍以上も高い放射線濃度にあたり、同炉内の温度と圧力も上昇し
ているという。
京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、放射線濃度の急上昇に加え、原子炉の
温度や圧力の急上昇していること、更に塩素が中性子に反応して生まれるクロル
38という塩素が原子炉で発見されたことなどから、炉内で再臨界がおきている可
能性が高いと指摘する。中性子は核分裂が起きたときに発生する。小出氏は、水
蒸気爆発が発生し、圧力容器や格納容器が吹き飛び、今とは桁違いの放射性物質
が流失する最悪のシナリオも今後警戒していくべきだと述べ、その場合、風向き
次第では東京も避難対象となる可能性にも言及している。

ビデオニュース ドットコム


★『週刊現代』におススメ記事がたくさん
 
 4月23日号の主な目次
 
 ▲再び爆発の危機 福島第一原発 もはや限界に近い
 ▲大量被曝する日本人 放射能汚染列島「20年後の発病」
 ▲必読「ひとつになろう」キャンペーンから「孫正義の義援金」まで
  「見えてきたこの国の本性」
 ▲原発の危険性を訴えたら、監視・尾行された
  迫害され続けた京都大学の原発研究者たち
 ▲隠蔽と捏造の繰り返し 原発の黒い霧
 ▲放射性物質をたれ流し 世界は日本をどう見ているか
 ▲都の「水質・大気」検査 放射性物質不検出にカラクリ
 ▲米国の原子力専門家たちは全く反対の意見なのに
  この被曝があと1年続いても安全と言えるのか

 4月16日号の主な目次
 
 ▲溶け出した福島第一原発「第3の恐怖」人類史上、初めての体験
  こんなズサンな「被曝食品」調査を信用していいのか
 ▲知らなければ対応できない 想定される「最悪の事態」
 ▲この危機に君たちは何をしているのか。「安全」というなら、原発ムラの科
  学者たちよ、現場(フクシマ)に行け!
  放射能が変えた人生 南相馬そして最終バスは出て行った
 ▲「もう原発はいらない!」私はこう考える
 ▲われらの義援金は誰に渡るのか
 ▲想定外!「プルトニウム放出」その意味
 ▲放射能まみれ 海は魚は本当に大丈夫なのか
 ▲放射能汚染列島の虚実 封印された「人体への影響について」


★4/12 山崎久隆さんが、
○放射能―低線量被曝の恐ろしさ
  ○福島第一原発事故最新情報
   を話します。 参加歓迎!
  日 時:4月12日(火)18:30~
  会 場:たんぽぽ舎
  参加費:500円
  劣化ウラン兵器禁止・市民ネットワークの総会を兼ねて実施します。
  主催:劣化ウラン兵器禁止・市民ネットワーク
     連絡先:たんぽぽ舎内  TEL 03-3238-0056
   〒101-0061
    東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
    TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
    たんぽぽ舎 HP


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。