プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発65:ブログで情報を伝え始めて、早2か月、、、

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原発の情報を集めてブログで紹介しようと思い立って、初めてブログに書いたのが3月16日でした。
それから約2か月が経ちました。
正直言って、最初はこんな情報の紹介もすぐにネタが切れるだろうとタカを括っていました。
ところが調べていくうちに、東電や官庁、内閣、大手マスメディア、専門家たちの嘘が次々と明らかになって行って、尽きるどころかますます増えていくのです。

これほどまでに日本という国は腐りきってしまっていたのか、と呆れるばかりです。
実に悲しいですね。
しかしこれが事実であり、現状なのです。
国民は騙され続けてきました。
おそらくこれからも相当騙されるのではないかと危惧しています。
デマや風評の大半は東電や政府側にあります。
いわゆるプロパガンダです。

ネットの世界では、それを表に出そうと真実を公表し続けています。
情報の一方的な削除や言論の弾圧を乗り越えながら。

これを読む皆さんは、賢い方々に違いありません。
ぜひ、あなた方の大切な人たちに伝え、拡散していただきたいと思います。

福島原発及び放射能汚染の状況確認方法まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130482268198745901

浜岡原発 冷却作業中にトラブル
5月15日 16時40分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110515/k10015899511000.html

ハッカソン「Hack For Japan」第2回開催へ、復興支援に向けて6都市で
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110517_446267.html

1-6 終焉に向かう原子力 小出裕章氏講演
http://www.youtube.com/watch?v=OM-2zRjS65Y

肥田舜太郎氏講演(2011.4/24)動画&文字おこしまとめ
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65733450.html

広瀬隆 氏 特別インタビュー
「浜岡原発全面停止」以降の課題
聞き手/ダイヤモンド社論説委員 坪井賢一
http://plaza.rakuten.co.jp/hatenaisya/diary/201105120000

小出裕章氏:空焚き1号機は溶融した核燃料が圧力容器の外に
http://www.fooooo.com/w/b74d8e25af1fd1810d78720ce2e9cf1f

福島原発メルトダウン・・・広瀬 隆
http://twitpic.com/4xid21

当初は消極的どころか、記事にしようとする記者やデスクに圧力をかけてきた大手月刊誌や週刊誌、大手テレビ局やラジオ局なども、徐々にではありますが、反省し圧力を緩め、こういった記事も少しは真実に近い形で流すようになってきました。
ネットの世界の威力も小さくはないですね。
デモや集会、署名運動などの市民運動も功を奏しています。

福島原発事故後の風景は殺伐として人気も無く、ハリウッド映画でよく見る、最終戦争後の世界の状況によく似ています。
そんな映画を観たことがある人は比較してみてください。


原発というのは核兵器と変わりません。
原発を推進している国々の指導者や国民の意識には、そのことがあります。
我が国はいつでも核爆弾を作れる状態にあるぞという脅しです。
抑えて言えば核による抑止力です。

核拡散防止や核兵器縮小を訴えるアメリカやフランスの肩代わりをさせられているだけです。
日本だけが温暖化防止とか、資源が少ないとか、電力不足などを理由にしていますが、いずれも詭弁にすぎません。
そのこともこのブログで紹介してきました。
原発の使用済み燃料というのは、核爆弾の原料であるプルトニウムです。
つまり原発はプルトニウムの製造工場であり、見方を変えればその余熱をコントロールして発電に利用しているにすぎません。

核を持たない、作らない、持ち込まない、という素晴らしい日本の理念、宣言を思い出してください。
「非核三原則」です。
日本が世界に誇れる信念です。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。