プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発96:国のリーダーは上杉鷹山に学べ!!

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
江戸時代後期(元禄時代とも言われた時期で、赤穂浪士による討ち入りの合った頃の少し後かな?)、民を思い、組織を思い、国を思った稀有の人物・上杉鷹山。
九州の小藩からわずか十七歳で上杉家の養子に入り、米沢藩の財政を建て直した名君。
出羽・米沢の藩主となった治憲(後の鷹山)は、破滅の危機にあった藩政を建て直すべく、直ちに改革に乗り出す。
高邁な理想に燃え、すぐれた実践能力と人を思いやる心で、家臣や領民の信頼を集めていった経世家。

ケネディやクリントンなど欧米の政治家から、日本で最も尊敬する政治家として名前を挙げられた人。
しかし、日本で最も愚劣な政治家として名を残すのはだれか?
少なくともあなた方が毛嫌いし恐れる小沢○○氏ではないと思うが。

現在の世界各地や日本では、不景気の世が訪れ正社員や派遣切りで失業者が増えどこも苦しい。
が、今よりさらに苦しい世を経験してきた地、米沢藩。
『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』という言葉がある。
華美な生活は一切せず、質素倹約な生活を自ら行い藩の手本として生涯続けた。
寛政5年(1793)の分限帳によれば家臣数が5398人とある。
会津藩時代の頃とほとんど変わらぬ人数だ。
それで領土が、会津120万石から米沢30万石に減らされ今で言うと大赤字の出る会社なのに対し、社員をほとんどリストラしなかったのだ。
上杉鷹山の時代になると借金は雪達だるま式に増え、米沢藩の借金は約16~20万両(約120億円)ほどの借金に膨れ上がっていたと商人による記録がある。
当時の米沢藩にとって100~120億の資金は、米沢藩の総支出の約6年分にあたる。

1. 人員を必要最低限に留め、格式の見直し
50人いた奥女中を9人に減らすなどの無駄の削減。
2.田畑の整備と、漆・桑・楮の百万本の栽培計画
 米沢北部から南陽にかけて水路を引いたり山をくり抜いて黒井堰と呼ばれる、農業用水路を何十年もかけて完成させた。
藩の農業生産を上げるために田畑の農地改革を行う一方、漆・桑・楮の木を百万本を植えた。(漆の実はロウソクになり、桑は絹糸作りの養蚕に、楮は和紙の原料になる)
3.殖産興業に力を注いだ
 小野川温泉地帯で塩を精製しり、中津川でとれた火打石などは江戸で売却したり墨・硯(すずり)、米織物の染料となる藍玉や陶焼場(すえやき)なども開いた。
米沢に鯉なども持ち込み育てたり、下級武士の家庭では生活が苦しいので内職として笹谷一刀彫・相良人形などを作らせ、少しでも収入が入るように推奨した。
4.米織物の工場を開いた
 米沢では麻織物が中心であり、あくまで原料生産までしか行っていなかった。
越後松山から職人2人を招き、婦女子らに織物技術を継承させ農民の女子を雇い、蚕を育成し織物を織る工場を造った。
5.実用の学力と人材育成
 優秀な人材育成も必要だと儒学者・細井平洲(へいしゅう)を江戸から米沢に招き学問を指導して貰った。もともと儒学者はいたが、役に立たない学問を身に付けても意味が無いと考え、役に立つ学問が必要だと細井平洲先生に頼んだ。
6.上書箱の設置
 上書箱と呼ばれる意見を入れる箱を設置し、誰でも自由に意見を書くことを許した。
毎月2回箱を開け、殿様自ら内容を眺め広く民意を把握し、良い意見は取り入れた。
さらに今までは公開しなかったが、藩の財政支出を領民に公開し共に財政の建て直しを考えた。
7.神仏に誓い願った
 これはちょっと現代の感覚には溶け込まないかも?

朝は粥2膳と香の物、昼と夕食は一汁一菜や干し物などの軽い食事で、家督を継いですぐに自らの仕切料1500両を209両にまで減らし、隠居後も209両で通した。
衣類に至っては下着までも含め、全て木綿製の衣類で高価な絹衣は身に付けなかった。
その暮らしは当時の下級武士以下の生活と言われ、生涯自らが藩の手本となったのだ。
小姓の顔色が悪いのに気付けば、蔵王の高湯・蔵王温泉への湯治をすすめたり、お膳部の不調法を自らかばうなど、人に対する思いやりもあったとのこと。

今の政権や総理大臣は見習ってほしいものだが、果たしてできるだろうか?
信頼を回復し、リーダーシップを維持するための最後の歴史的手本だと思うのだが。

福島原発、年内の収束絶望的 避難見直しに影響も
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052901000605.html

「本気で苛酷事故が起こると思っていない人たちがやる対策なんて、最初からないに等しい:後藤政志氏」 
http://sun.ap.teacup.com/souun/4679.html

たて割無責任社会:大人が強いる子供達の被曝
http://takedanet.com/2011/05/post_741d.html

東日本大震災:校庭・園庭で放射線測定 県が7月にも100カ所で /埼玉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110524-00000004-mailo-l11

果たしてこの国は国民を守る気があるのか?
Should we trust our government??
鎌倉&湘南地域放射線測定データ
http://www.world-surprise.com/radiation/radiation.html


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。