プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発131:新聞、テレビの大本営発表

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
かつて戦時中に、大本営発表というのを新聞ラジオがそのまま流していた。

今、ラジオにテレビが加わり、新聞社も放送局も格段に増えたが、政府や保安院、電力会社の発表を大本営の発表と置き換えれば、その構図は全く変わっていない。

その発表内容は検証もされず真実性に乏しいが、国民はマスコミの報道に騙されるのだ。

「まさに人災である」 ~班目春樹原子力安全委員長、国・東電のミス認める [06/09 13:11]
http://blog.livedoor.jp/newsslash/archives/3291878.html

チェルノブイリ原子力発電所事故を振り返り、今の日本と比較しましょう。
http://socialnews.rakuten.co.jp/link/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%82%92%E6%8C%AF%E3%82%8A%E8%BF%94%E3%82%8A%E3%80%81%E4%BB%8A%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC

暴走する権力機構の悪業
改革派官僚・古賀茂明が重大暴露〝東電の電気料金は半額にできる〟
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=252616


大手新聞がこぞって掻き立てる電力不足は本当か?

関電:15%節電要請 電力不足の連鎖警戒 猛暑想定し需要上方修正
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110611ddm002020041000c.html

関電、15%の節電要請へ 原発停止で電力不足の懸念
http://www.asahi.com/business/update/0610/OSK201106100002.html

「節電しないと今夏、大停電」もウソ―週刊東洋経済が記事掲載

原子力発電所の停止で大停電がやってくる―。夏の電力最盛期を1ヶ月後に控え、6月1日、スーパークールビズが始まった。
今夏は原発事故を起こした東京電力だけでなく、九州電力「玄海」のように、定期点検中の原発も再運転が危ぶ
まれており、全国的に電力不足に陥るという予想が台頭。
東電管内などでは、家庭や企業に対して「一律15%」の節電を要請する構えだ。
が、一部では「夏の停電説は、原発が必要なことをアピールするプロパガンダではないか」との見方が
広がっている。
(中略)3・11原発震災後、今年の電力供給は一時危ぶまれたが、その後休止中の火力発電を立ち上げることで供給能力が回復。
現状では、今夏のピーク時電力需要予想5500万kwに対して、供給能力予測が5620万kwと、すでに想定需要を上回っている。
(中略)「こんなにハイペースで引き上げられるのは、もともと能力を隠していたと勘ぐられても仕方ない」(業
界関係者)。
そもそも、3月に行った計画停電は、原発に加え火力発電が被災したことによる供給量の低下の影響も多かった。「頑張れば停電しなくて済む日もあったはずだ。
東電や政府は、その情報を正確に伝えず、世論を操作したのではないか」と、名古屋大学大学院環境研究科の高野雅夫准教授は指摘する。

一方、政府の要請によって浜岡原発の全原子炉を停止した中部電力では、2011年度に占める原子力の電源構成はわずか12%。
「原発を止めたとしても水力と火力だけで3000万kwの設備容量があり、今年のピーク容量見通しは賄える」(高
野准教授)
夏場のピークといっても、「実際は夏場の数日間、しかも数時間程度。
その9割は事業所が使用する。
工場の休み時間を1時間ずらすなど、ピークを下げるやり方はいくらでもある」。(同教授) 
また、家庭部門でも、「電気湯沸かし器など、電力消費量の多いものを使うのをやめればバブル期の水準まで消費量を落とせる」。(出典、週刊東洋経済6月11日号)

みんなで、「原子力がなくても電力は足りている」ということを、しっかりと頭に入れましょう。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。