プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発140:犯罪に加担するジャーナリストと嘘を発信し続ける厚顔無恥な原発関係組織

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上杉隆氏のジャーナリスト休業理由「犯罪に加担したくない」
上杉隆氏 「犯罪者たちが集まって、同じ犯罪者たちの中からポスト菅を選ぼうとしている」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110613-00000006-pseven-pol

世界の情報孤児になる日本:上杉 隆(ジャーナリスト)
女性と子供の安全を守ろうとしない国
あまりに馬鹿げた安全性のアピール
http://news.goo.ne.jp/article/php/politics/php-20110610-01.html


汚染されたものは大人が引き受ける小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/06/11/kinyobi-jun10/


放射能は、これ以上計測しません!大田区お役人一同
議員とは誰のために議会にいるんだ!
嗚呼、大田区議会よ、痴呆議会に成り下がるな!!!
http://blog.goo.ne.jp/inuhide/e/b623898a4bf1dd795bd53fc89f2951c9


汚泥処理施設を公開 「飛散する状況にはない」東京都
2011.6.15 19:26
 福島第1原発事故の影響で、各地の下水処理施設の汚泥や、その焼却灰から放射性物質が検出されている問題を受け、東京都は15日、汚泥処理施設「南部スラッジプラント」(大田区)を報道関係者に公開した。都の5月の調査では、プラントの汚泥焼却灰から1キログラムあたり、約1万5千ベクレルの放射性物質が検出されていた。
中略・・・・
 焼却灰に水とセメントをまぜて飛散しないようにする「混練(こんねり)施設」内部の放射線量は1時間あたり約0・4マイクロシーベルト。混練施設から出た灰を仮置きしておく施設内では、灰から約1メートル離れたところで同2・6~3・0マイクロシーベルトだった。しかし、施設外では同約0・08マイクロシーベルトに下がった。
 都下水道局の黒住光浩施設管理部長は「プラント内で灰を運ぶトラックも密閉して搬出しており、飛散する状況にはない。厳重に管理している」と説明。焼却炉の煙突周辺でも同約0・042マイクロシーベルトだった。
 また、都は同日、区市町村の要望を受けて都内約100カ所を対象に大気中の放射線量測定を始めた。
 同日午前、都職員3人が1カ所目となる豊島区の公園で測定。地表から1メートルの放射線量が0・06マイクロシーベルト、5センチメートルが0・07マイクロシーベルトであることを確認した。測定結果は調査翌日に都のホームページで公表する。
http://www.sankei.jp.msn.com/life/news/110615/trd11061519350021-n1.htm


『原発』- 小出裕章 / 広瀬隆 (電力不足はウソ!)まとめ
ここにも電力会社と政府と大手マスコミのウソが!



コストも原子力が一番高い!?
停止している火力発電所や水力発電所を稼働させれば、電力は十分に足りる。
再生可能な自然エネルギーを開発するのに時間がかかっても問題はない。

(財)日本エネルギー経済研究所のこの報告書にも嘘が。
我々素人には見抜きにくいが、“電力が足りなくなる”という主張は眉唾だ。
http://eneken.ieej.or.jp/data/3880.pdf

原発は政府の資金援助により、実際のコストは隠されてしまっているが、今回の事故の後処理や補償問題なども考えると膨大なコストがかかってくる。
さらに廃炉にするためのコストも事業としては成り立ちにくいほどのコストがかかってくる。
それを無視して、火力燃料の高騰だけを主張している。
原発は人が製造する物体である以上、いつかは老朽化により取り壊さなければならない。
原発を一つ造るごとに、将来に残す負債、負担は確実に増えていくのだ。

日本の原発事故による健康被害ない=米原子力エネルギー研究所
http://jp.wsj.com/Japan/node_248349

ここも日本の原子力エネルギー研究所と似たような立場だから。
それにアメリカ自体が、ぜひとも日本に原発を推進し続けてもらわなければならないと考えているから。

サンパウロ発 東京便り
原子力村と言われる利権集団
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/4549/cat/101


「核変換」抜きの原子力は未完成な技術
http://d.hatena.ne.jp/essa/20110615/p1

かなりの人が誤解しているようだが、燃料が冷えたということは、直接的には再臨界の可能性に変化をもたらさない。
再臨界は核反応で、化学反応のような発火現象ではないので、温度には依存しない。
ウラン235の濃度と散らばり具合(形状)が一定の条件を満たせば、どんなに温度が低くても再臨界は起こる。



関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。