プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発0184-原発は核兵器

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
原発を核兵器と考えてください。
それでも原発を推進し、推進する人の肩を持ち、その仕事に関わりますか?

元々、原発というのは、核兵器の原料であるプルトニウムなどを製造するものでした。
その時に発生する熱が非常に高いので、そのまま排気するのがもったいないということで、核の平和利用などと称して、蒸気タービンを接続して発電所にしたのです。
そしてアメリカなどは、製造した核物質の保管場所に困るようになりましたが、製造を止めるとたちまち核抑止力のバランス(武力のバランス)を崩すことになるため、その製造を日本に押し付けたものです。

しかし、そのアメリカでさえ、やがてその保管場所に困り、最終処理方法も見つけられないままでいるのですから、日本でそれが解決できているわけではありません。

このことは、電力会社はもちろん、政治家もマスコミも当然知っているわけです。
当然、最高学府で法律の勉強をし、司法試験の関門を潜ってきた裁判官が知らないわけがないのです。
それなのに、都合の悪いことにはすべてほっかむりして、あるいは嘘の情報を流して、原発を増やし続けようとしているのです。
それにはアメリカの圧力と大きな利権が絡んでいるからです。
そしてその結果として、国の大きな国策として来たからです。

電力会社やその関連企業に関わっている人すべてが、そのことを知っているとは言いませんが、それが憲法違反の犯罪行為だとしたら、知らないからと言ってその罪を免れるものではありません。
某元首相や、某政党元代表のように、人に迷惑をかけたわけでもなく、健康被害をもたらしたり、環境を破壊したりしたわけでないのに、大々的に取り上げられ訴追されてきましたが、それよりはるかに大きな犯罪であり、甚大な被害をもたらしているにもかかわらず、マスコミも取り上げず、提訴もされないのです。

敗戦後の戦争裁判でも、多くの人たちが罪を押し付けられて無念の刑に服しました。
「私は貝になりたい」という映画がありましたが、あのように死刑になった人も少なくないのです。
それはアメリカが一方的に裁いた裁判だからでしょう。
今回の原発は、アメリカが押し付けたものですから、アメリカが裁くことはできません。
それでは、いったい誰が裁くのでしょうか?

今は平和な時代と思っていますか?
ごく身近なところで戦争に加担させられているのです。
核兵器製造という戦争です。
もっと密接なところでは、実際に中近東の戦争にごく最近も使用され、今後もことあるごとに使用されるのです。
そして老若男女を問わず、幼児までもがその犠牲となり、尊い命を奪われているのです。

それにも大きな利権が絡んでいます。
ですからアメリカは戦争をやめることができないのです。
世界規模の大財閥の圧力で、大統領ですら止めさせることができないのです。
その昔、ケネディ大統領が暗殺された要因の一つにはそのこともあったのでは、と思われる節もあります。

日本はその片棒を担がされているのです。
東電も日本政府も単に利用されているだけなのかもしれません。
しかし、いつだって犠牲になるのは庶民であり、労働者なのです。

原子力発電所では、前述のように、2,000℃前後という高温が発生します。
もちろん高温になった燃料棒を冷やした冷却水も高温の水蒸気になり、それを空中に排気したり海に流したりすると、周囲の空気や海水を温めることになりますし、それらに含まれた放射性物質も同時に拡散されるのです。

地球温暖化の元凶はCo2のように言われていますが、実はこの原発によるものの方が大きいのです。
そして放射能に汚染された空気や海水は世界中に行き渡り、環境を徐々に破壊していきます。
今回のような事故がなければ、そのスピードは遅いかもしれませんが、それが続く限りどんどん蓄積されていき、近い将来無視できなくなるでしょう。
そしてひとたび事故が起きれば、大量の汚染物質が、ほとんど一瞬と言ってもいいくらいのスピードで広がっていくのです。
その時にはそれを消し去るすべもなく、その後途方もない年月の間、自然を犯し続けるのです。
そこにはやがて人類や哺乳動物は生存できなくなり、菌類やゴキブリのような、何万年、何億年もの間生き続けてきた種のみが生き残ることでしょう。

あなたはその加害者になりますか?
そのことを知った今でも、原発推進に無関心を装いますか?

関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。