プロフィール

半覚才

地球の過去と今と未来を見つめる3匹
のスペースキャッツ

Author:半覚才
自然とともに生きる、生き物が好き!
ホームページ「川越を遊ぶ」

そのニュースは本当か?
報道に疑問を!体制に批判を!権力の奴隷にはならない!

QR

ご意見・リンク等
★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご意見・ご質問】
ご意見・ご質問はこちらからどうぞ。

また、回答を希望しないコメントは、コメント投稿蘭からお気軽にどうそ。


【Link Free】
転載、引用、リンクはご自由にどうぞ。 ただし、情報源は明示してください。

★★★★★★★★★★★★★★★★
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
気になる地域の気になる情報
日本の原発

稼働状況と建設計画

気になる地域の現在の放射線量
気になる地域の天気情報


電力会社別の電力使用状況

地殻変動


-占い-

スポンサーサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

原発0205-国は何を?我々は何を?

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング
放射性物質:チェルノブイリの強制移住基準超も…親ら調査
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/radioactive/news/20110705k0000e040057000c.html
福島県の親らでつくる「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などの市民団体は5日、避難の対象区域外である福島市内の4カ所で土壌を調査した結果、放射性物質がいずれも法令で定める基準を超え、チェルノブイリ原発事故での強制移住の基準を超えるところもあったと発表した。

それでも政府は特別な手を打とうとしないが、本当に大丈夫なのだろうか?
健康被害が表面化するのは何年も先になってからだが、その時、責任を取れる人間がいるのだろうか?
責任を取る方法が果たしてあるのだろうか?
元には戻らない。
さらに悪化、拡大するばかりなのだ。

今も原発を受け入れている地域の人たちは、このことを真剣に考えているのだろうか?
特に国の政治家も含め、原発を推進、再開しようとしている人たちは、このことをどこまで考えているのだろうか?
そのことを、なぜもっと追究しないのだろうか?


ジャーナリスト岩上安身氏「働き盛りの男が一番情弱」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw84024
「女性、年配の方。あるいは若い人でもまだハードな仕事に組み込まれてない人、つまりは非正規労働者だったりだとかニートであったりだとか。こういうような人が実は、社会を変えていくとしたら――。今まで社会の周辺扱いされているような人、こういう人ほど実は情報を持っているので、情報強者だ」


2011-06-14 小出裕章 TBS dig 「発生から3ヶ月。終の見えない福島原発事故」



反原発のカリスマ高木仁三郎氏の生涯 & 玄海 再稼働了承  酷すぎる
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroasakawajp/61962069.html
ずっと、ずっと前から、今起きていることを予想し警告を発してきて人がいるのに、国を動かし、人々をリードしていくべき人たちは耳を貸さなかった。
その罪は、とてつもなく重い。
日本国民を戦争に引きずり込んだのに匹敵するくらいの重大さだ。


経産省「抵抗勢力」論の真偽~エネルギー政策転換を阻むものの正体
> 経産省内にもまだ改革派はいる
http://diamond.jp/articles/-/12950
菅首相の延命としか見えない政治的な動きは論外ですが、原発事故がいかに悲惨な事態をもたらすかが明らかになった以上、経済に悪影響を及ぼさないように脱原発を進めるべきであること(“脱原発依存”)と、そのためには再生可能エネルギーの普及が不可欠であること自体は正しいと言えます。


関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング

COMMENT

非公開コメント

特別拡散バナー


奇跡の母子犬
ひまわり/動物達の未来のために
生き物の命の重さに差があるでしょうか?
その重さは計れるでしょうか?

上質なサイトのリンク
お勧めサイトのリンク
ツィッター・タイムライン
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。